[行政書士合格] 予想が当たる勉強法。試験前に検証してるか? 第2話

 

どうも 寺本です。

第2話目。 続きだ。

第1話を読んでない人は →こちら

ーーーーーーーー

私の長い経験則から思うに

資格試験の勉強に限らず、仕事であろうがなんであれ、

他人の解釈、視点を具体的に知り、

素直に受け止めていくことが

結果につながる、金になる、価値になると信じてる。

大事なことは

そこに興味がない、

そこのスキルはいらない、

そこを他人に教えてもらうのに金出せない、

って思ってる人は

やっぱりいつまで経っても

普段の勉強の処理スピードが速くならない、

いちいち出遅れる、

いちいち自分の鈍さに自信を失う、

結果

本試験で新種の問題を見せられたら裁ける理由がない。

だったら

変換• 予測スキルの事前調査をやってない人は

試験前から 試験結果はすでに見えてる、

非情な言い方だが、それが現実です。

それを逆転させることが

事前調査、検証。

適切な合格勉強法なのだ。

 

ーーーーー

 

私はこうやって メルマガの記事として

自分の宣伝、スマホ通信講座の宣伝をやってる。

見方によっては

「 単なる営業」

「講座に金出せってウルサイなー」

と捉える人もいるだろう。

 

もしかしたら 人によっては

私の講座に参加する価格が 大金すぎて払えないから安く済ませて勉強する道を選ぶ人もいるだろう、

 

「もう他の業者に金払ったから乗り換えて二回も金は払えないよ 」

と逃げてる人もいるだろう、

しかし、

私の経験則から一つだけ断言できることがある。

 

「金を出してもらって俺が教えてあげなきゃ

たいがいの受験生は何年もダラダラズルズルいっちゃう運命になる、
数年後 合格できないまま、資格業界から引退することになる」

 

私はそれを断言できる、

簡単にそのビジョンを予測できる、

自分が言ってることは間違いないと言い切れる。

ーーーー

誤解のないように言おう、

 

合格できないことが悪いことではない、恥でもない。

 

• なんで合格できんのか?

• 自分の何がいけないのか?

• 自分が勉強してきたことはなんだったのか?

• なんで自分だけがこんな目にあうのか?

その先に出てこなきゃいけない言葉や理屈が

長期間、数年間???のままで過ごすこと、

ただただ自信を失っていくこと、

自分のやってきたことの善悪を知らないまま、勉強をやめなきゃいけない日が来ることが

資格試験に関わった人間にとって最も悲惨な結果だと私は思ってる。

私に興味あると言ってくれてる人たちがそんな展開になるのであれば

それこそ 「事前に 」

私の通信講座を押し売りしてでも 金出してもらって

今日からさっさと合格スキルあげるための労力と時間を作らせたほうがいい、

私は本気でそう思ってる。

ーーー

おんなじこと10万回くらい言ってるが今日も言おう。

 

二回目なんかない。

 

実際に二回目のチャレンジ、チャンスが来るかどうかなんかどうでもいい、

今この瞬間、一回に賭ける青春が
自分の中で信念になっていなければ

数年後 ふと気づいた時には
莫大な金と時間と労力を失うだけで
結果、何一つ残ってないという地獄が待ってるのだ。

 

時間が経った後にしか理解できない

目に見えない難しいことを、

本当に時間が経ってしまった後に

• やっと理解できました、
• 本当に反省してます、

そんな回想に、いったいなんの意味があるのか?
なんの得があるというのか?

私はそこの恐ろしさを誰よりも知り尽くしてるから ここまで言ってるんです。

今、事前にしつこく言ってるんです。

だったら今理解しようと、

乗り越えるために前に出なきゃいけない時期なのだ。

ーーー

本試験まで 残りわずか。

道の選び方を間違えてはいけない。

今の自分にとって成長できる厳しい道、

他より一ミリでも多く自信がつけられる道、

自分自身にケリをつけられる道を選ぶんです。

おしまい。

寺本考志




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。