[行政書士合格] 予想が当たる勉強法。試験前に検証してるか? 第1話

どうも寺本です。

 

あなたは本試験会場のイスに座って何すんの?

• 択一なら 正誤判断してくる

• 記述なら 道筋立ててモノが書けること

どうやってそんなことできるの?

 

見立て、予測が具体的になることだ。

何を見せられたって、道筋が作れることだ。

 

例えばね、

あなたが本試験問題で新種の問題を見せられて

何も浮かばないとしよう、

しかし

残念ながら

その新種の問題は テキストに書いてるのだ。

本試験会場で知らないシロモノ見せられてシビれる受験生35000人は
テキストに書いてることを聞かれてることに気づかない。
その場その時に気づけない。

受験生35000人が気づかない問題を作ることが試験官の仕事。

10年経っても同じ合格基準です。

 

要は?

気づく力、

知らないシロモノをテキストと結びつけて変換する力を養わなければ

試験会場で
どれだけ労力と時間を使っても結局
間違えるのだ。

ーーーー

だから事前に何をしてなきゃいけないのか?

 

検証です。

資格試験やろうが仕事やろうが

事前検証を怠るから結果が出ないのだ。

• a4バインダー700ページの本が10個くらい ひたすらこなす

• 量産式知識の覚え方、暗記法

• 予想模試

そんなもん、ゴミだよゴミ。

そんなもんを武器だと信じても試験官には通用しない。

なんで?

新種の問題文が読めない。
読めないから正誤判断できる段階まで進めない、
その箇所が多すぎる、

それが受験生45000人にとっての大問題だから。

 

覚えた知識を使わせてもらってない、
知識を使わせてもらう前にすでに自分がコケてることを認めてるか否か?

そこに気づいて

そこのスキルが合格に必要であることを認めてるか否か?

そこが事前調査、検証の中身だ。

それが私の講座でやってること。

実践的かつ、現実に点数とるための唯一の手段ですよ。

ーーーーーーーー

私のスマホ通信講座は
質問できりこと、やりとり自体に価値がある。

そして、参加してる人によく言われるんです。

 

受験生

「過去問のこの肢、テキストで探してもないんですがどこですか? 」

寺本

「テキスト〇〇ページのこれやで、俺たちシロウトにとったらこーゆう意味に聞こえてゴミに見えるけど

試験官からしたら こーゆう意味にとってるんやで 」

 

と返信してあげたら?

メチャメチャ喜ぶわけですよ。

なんで?

他人の解釈が一個増えたから。

他人の視点を一個盗めたから。

全然違うと思ってた二つの文章がつながる、

ゴミと金の違いがわかる、

距離が縮まるからだ。

そこの積み重ねこそが

試験前に合格者になれる、

合格する実感が得られるド急所なのだ。

 

続きの記事は →こちら




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。