答え間違いが多い。問題の解き方を初心者向けに詳しく聞きたい人だけ読め

どうも 寺本です。

「過去問やって 間違いだらけ・・」

「もんだいの解き方の見本が見たい」

そうゆう人向けのはなしだ。

 

基準を持って答えてるか?

 

あなたは 過去問使って

「肢のアが○、肢のイがバツ」

正誤判断をしてるはず。

 

じゃ、肢に対して付けたマルバツ記号、

その理由はいえるのか?

私の講座では そこに具体的に切り込んでる。

大阪の直接指導の場合

ある問題を口で答えさせたら 受験生はなんて答えるか?

「そのとおりやと思ったから」

「そんなことはないと思ったから」

「前に見たことがある・・気がするから」

民法の場合

「肢の中の Aがかわいそうだから Aは何も悪いことはしてないから」

たいがい そうゆう類のことが2,30秒考えた末に出てくる。

私の解説記事を見たことがある人は 承知でしょうが

「問題の答えが合った、間違えた」

そんなことはどうでもいい

肢を読んだ、○つけた、×をつけた、

だったら 理由があるんですよね?

その理由が

基準を持って答えたかどうか?

それが言語化できるか?

これが合格するための検証

大事なことは

答えの理由が 正しい間違えてるとか

問題の答えを合わせろとか

そうゆう問題ではない、

勢いやノリや気分で 正誤判断するのをやめろといってるだけ。

自分が数秒前に 何を持ってして マルバツの正誤判断を下したのか?

それが言えるなら なんの問題もない、

なぜなら

直す元があるから

直す元にあなたが気づく、

見えてる、気づいてるなら どんな状況であろうがただせる、直せる。

その初期段階 気づかせてもらうために 私の記事や講座がある

 

話の続きが聞きたい人だけ私のメルマガに登録してください。下記のリンクをクリックしてください

おしまい

寺本考志

 

 




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。