どうも 寺本です。

【教材紹介】

択一マルバツで同じ問題を間違えない方法

 

知ってる、やったことあるもんを二度と間違えなくするには

手順が必要、

手順は1パターンじゃない。

解答手順のパターンを守れば

知ってる、やったことあるもんグループで間違える理由がなくなるってこと。

ーーーー

以下は 私の講座に参加してる人のコメントです。

自分が受けた問題用紙を後から見ると、またテキストを見ると当然なのに、

本試験ではなぜこの情報が頭から出てこないのか不思議です。

ーーーー

あなたにも思い当たるフシがあるのはコレ。

難易度を簡単に分けたら?

A ド基礎グループ=絶対見た、知ってる、やった

B グレー応用グループ=符号率50%ある、みたことあるけど違う

C グレー応用グループ=符号率が20%もない、表現に距離がある

D ブラック 試験範囲外

試験が終わったときに

AクラスとBクラスの足が全部正誤が合ってなきゃいけない。

逆にいえば

試験が終わったときに

AクラスとBクラスをポロポロ落としてたら 勝てるわけない、

「試験が終わった後」という局面のはなしをしたが

普段、過去問触ってるときに

あなたが知ってる、やったことあるAクラス、Bクラスで

マルバツ正誤判断を間違えたら?

もうやってられない。

これが 知識習得レベルで絶望して 意欲が吹っ飛ぶ原因。

これをなくしましょう

それが目的の教材です。

ーーーーー

Aクラス、Bクラスの知識、問題で

なんで 後手後手に回って 後付けで

「あ~ そやったそやった」

「それくらい知ってるわ たまたま俺は間違えただけや」

この現象になるのか?

それは

手順を知らんから。

知識を覚えてないんじゃなく 手順が固まってないから。

あなたやほかの受験生が知ってるのは?

結論だけ。

試験で出そうな 重要なことが書いてる文章だけ。

だから

後手後手で 後付けで

「あ~ そやったそやった」

この運命が待ってる。

手順て何?

過程ですよ。

ほら

女性によく言われるやろ?

「最初 やさしかったのに・・」

「最初は いろんなとこつれていってくれたのに・・」

気が付いたら?

雑になる、

出かけない。

なんで?

男にとったら もう結論は出たからだ。

何がいいたい?

結論なんか クソの役に立たないのだ。

仮にあなたが 彼女や嫁から

「ビトンのあのカバンがほしい」

ってゆわれたらどうする?

ネットで平行輸入品を格安で買うのか?

違うでしょ?

女性がいってるのは

ビトンのかばんがどーこーじゃなく

正規代理店で あなたとお手手つないで 買い物する時間

その過程こそが価値であり

それがしたいといってるだけなのだ。

嫁や彼女が「ビトンのあのカバンがほしい」

1 ネットで平行輸入品を格安で買う

2 正規代理店で あなたとお手手つないで 買い物時間

あなたにとったら どっちが簡単?

どっちがめんどくさくない?

考えるまでもない。

その 「めんどくせーことを避ける思考回路が資格試験の会場では通用しない」

ってゆうことが

私が教えてる解答手順の中身、試験官の要求してるレベルなんです。

言ってることが分かるだろうか?

行政書士試験39000人中 落ちた受験生33000人ってのは

頭の中に 結論部分が残ってるだけ、

そう、

平行輸入品を格安価格で放り込むことを

試験会場で通用する勉強だと思い込んだことが誤ちだってことだ。

ーーー

あなたは どこかで

めんどくさい道を通らなきゃ前に進めない。

結論重視してても

人はついてこないし、試験官にも認めてもらえない。

過程重視ですよ。

「これを見たら こーする、100回やって100回こーする」

こうゆう手順を複数パターン持ってなかったら

何回やっても 新種の問題に振り回されるだけなのだ。

なぜ?

その場そのときで いつも考えてることが違う人になるから。

脱出したかったら?

結論部分、試験で出そうなとこだけ見つめて覚えることを捨てるのだ。

手順を知り、手順を守ることを繰り返すのだ。

手順を守るってのは

あるひとつの場面を見たときに

思ってる過程を言語化するしかないのだ。

思ってる過程を言語化できたらどうなる?

「いつもと同じでいい?」

「いつもと同じではダメ?」

必ず気づく。

気づいたら?

「答えが右か左か?」

そこの理由が言語化できる。

だったら?

間違える理由がなくなるということですよ。

それに特化した教材です。

 

以上

今日はどうもありがとうございました。

寺本考志