[行政書士の難しさ] 本試験で点数が取れない具体的な理由と対処を教えます 「落ちた人3万人共通」

 

どうも 寺本です。

本試験会場の問題であなたが間違える理由を教えよう。

それは

自分が知ってる文字と違うものを 本番で読まされるからだ。

 

何を要求されてる?

難しい文章に対して テキストに書いてることを使って読み替えできなきゃ

ハッキリ意味が分からない、答えが出ない仕組み。

 

そこを乗り越えなきゃ合格はないってことが要求された課題

 

要は、

試験官は

参考書に書いてること、

一回過去問で出たこと、

有名予備校の模試や冊子に書いてること、

 

それらをそのまんまストレートで聞いてくれることは100%ありえないってこと。

ストレートに聞いてくれない。

それは

英単語を 片っ端から覚えるような勉強じゃ合格できないってことが理解できればいい。

 

だったら

いつも見てるテキスト、過去問と

本試験問題の文章が違っても、

現場で あなたが適切に意味が分かるようにするには?

 

検証方法ですよ。

「こうゆう思考回路になったら 間違えるんだ」

「ああゆう思考回路になったら 答えが出せるんだ」

ひとつずつ実感が取れてることが合格できる勉強です。

 

そもそも

テキスト、過去問と 次回本試験問題には距離がある。

どんな距離が?

その距離を縮められる検証方法を具体的に教えてもらうこと。

そして

それをひたすらマネすることだ。

 

それ以外 行政書士試験の短期合格はない。

 

え?

その具体的な検証方法は誰が教えてくれるかって?

 

そうゆうことですよ。

 

おしまい

寺本考志


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。