【行政書士2018 本試験感想評価#2】簡単だった? 問題の答えと点数結果が気になる~www




どうも 寺本です。

毎年 行政書士試験が終わった後は

知らない受験生からたくさん相談メールをもらいますが

今年も たくさんのメールを一人ずつ返しながら 記事を作ってます。

 

行政書士試験の合格ラインは 180点固定。

上から何人が合格ってゆう資格試験じゃなく

180点以上取れば誰でも合格する戦い。

 

だから?

業者の解答速報を見たら

自分が受かったか落ちたかは ハッキリわかる。

 

業者が書いた 記述問題の解答とあなたが書いた解答がどれだけ合ってるのか?

また それが何点なのか?

私は 行政書士試験以外のスキルと仕組みを持ってるから

記述問題で

「何を書いたら何点、何を書かなかったらこれだけ減点」

それが余裕でわかるが 受験生にはムリだろう。

 

だが、

今 私の記事を見てるあなたは 記述問題の解答、点数がどーこーじゃなく

そもそも 択一問題の点数が足りてない。

そうなはずだ。

 

もしかしたら

今回が 行政書士試験の受験がはじめての人も居れば

2,3回目の受験の人もいるだろう。

 

今のあなたの気持ちを私が代弁してやろう。

 

「なんで前回と点数が似たようなもんなの?」

「こんだけがんばったのに なぜ点数が変わってないの? 成長してないってこと?」

「覚えたことがぜんぜん出てない、頭が真っ白になって 時間だけが過ぎて なすがままだった」

 

そうゆうことなはずです。

え?

なんでそんなことが私にわかるかって?

 

合格者は全員同じ道をたどるから。

 

今回は 問題が簡単だったとか 問題が難しかったとか

ネットで 受験生や業者の意見を参考にする必要はない。

しょせん それは 個人の主観に過ぎない。

真相は

毎年 キッチリ180点に標準を合わせて 問題が設計される、

その設計のされ方が緻密であることを知らなければいけないのだ。

すなわち



あるハードルを乗り越えないと 本試験会場で点数取れないようにできてる。

 

その中身を教えてもらってる受験生と教えてもらってない受験生では

行政書士試験の点数結果に 大阪と香港くらいの距離が出てくる。

 

そう、

大学生のノリで 自分勝手な勉強では通用しない。

予備校、塾、二次団体のポンコツ講師にガラクタ教材では

資格受験生が救われることはないのだ。

 

最後にあなたに聞きます。

もう一度 行政書士試験の勉強に挑戦して勝ちたいか?

それとも

今日で引退するか?

今日から1週間は それで頭がいっぱいになるだろう。

 

その前に 私の話を聞いてみませんか?

 

あるハードルを乗り越えないと 本試験会場で点数取れないようにできてる。

 

その中身を教えてもらってる受験生と教えてもらってない受験生では

行政書士試験の点数結果に 大阪と香港くらいの距離が出てくる。

 

この中身を知り尽くしてからでも あなたが引退するのは遅くない。

そう思わないですか?

続きが聞きたい人は

私の合格レポートに無料登録してください。

 

以上

今日はどうもありがとうございました

寺本考志

話の続きが聞きたい人は

寺本の合格レポートを無料登録してくださいね。

寺本の合格レポート無料登録

 

→ 寺本先生に次回合格の相談したい人はこちら

 

まだ「行政書士2018 本試験感想評価#1話」を見てない人は →こちらから