【行政書士2018 本試験感想評価#1】落ちた、もうどうしたらいいのか分かりません・・




どうも 寺本です。

 

本試験受けてどうだったか?

「行政書士試験に合格するには 知識や情報では乗り越えられない」

そこに気づくことです。

 

言ってることがわからん?

 

時間制限3時間。しっかり考える暇がなかった

そこを重視できるかどうか?です。

 

行政書士試験は 紙の上ですよ。

だけど

現実の世界で 就活で面接官に面接されてるのと同じ。

そこの想定がない勉強は 合格できる勉強じゃない。

 

もう一度言います。

 

時間制限が入ったら?

あなたが知ってること、やってきたことがうまく使えない、

それが前提で

「何点取れるんですか?」

それが資格試験の合格基準です。

 

あなたの意志に関係ない。

人の人生をふるいにかける戦いってのは そうゆうシロモノ。

 

ならばどうするか?

プラスアルファという世界の勉強を知らなきゃいけない。

本試験会場であなたが体感したことを私が当てよう。

 

・択一の肢を読んで マルバツをつけた、答えが出た、それでも確認してしまう、

二度読みしてしまう

 

・始まって1時間は 頭が働いてたけど 1時間経ったら



もう 肢がマルかバツかでしか判断できなくなった、問題文になすがままだった。

 

結果

死ぬほど時間とエネルギーを失い

肝心なところでミスをした。

本試験会場であなたが困ったポイントは

こうゆうレベルの話だったはず。

 

すなわち

・短い時間で何ができるか?

・短い時間でどれだけミスが防げるか?

知識や情報だけでは点数が取れない、訓練が必要だったってこと。

 

だが、

その試験前の訓練法、対処法は

本屋の本には書いてない、

予備校、塾、二次団体の講座に金払っても教えてくれない、

じゃ

誰が教えてくれるんかって?

日本に私しかいないということ

そうゆうことですよ。

 

以上

今日はどうもありがとうございました

寺本考志

話の続きが聞きたい人は

寺本の合格レポートを無料登録してくださいね。

寺本の合格レポート無料登録

 

→ 寺本先生に次回合格の相談したい人はこちら

 

→行政書士2018本試験感想評価 #2話は →こちらから