[行政書士入門] 民法コツ 相続 第1話

どうも 寺本です。

 

相続ってのは

人が死ぬことです。

 

・人が死んだ

・パソコンのスイッチを入れた

 

こうゆうのを事実行為とか 事実状態と呼ぶ。

 

あなたが今勉強してるのは 法律です。

法律行為ってのは 意思表示から始まる。

しゃべってはじめて 民法に書いてることを達成できる。

しゃべってないなら 何も起こらない、

これは覚えましょう。

 

 

で、

人が死んだ、

しゃべってない、

だけど、

残された家族のために 財産が流れるシステムを作ろう。

それが相続ですよ。

 

言ってることわかる?

あなたが何もしゃべってないのに、

あなたの財産が 誰かに移ることはない、

 

だが、

人が死んだら もうしゃべれない、

しゃべれないから

民法が 死んだ人の財産をどうするか?

あらかじめ ルールを決めてるってこと。

 

知らんかったら?

損するだけです(笑)

おしまい

寺本考志。




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。