行政書士 民法コツ 留置権を簡単に覚える方法




どうも 寺本です。

留置権 りゅうちけん

一番大事なことは

口約束してない、契約してない、

なのに

ある状態に入ると 勝手に生まれる 恐ろしい権利だってこと。

他人のシロモノをあなたの家に隠しても許される権利だ。

 

なんのためにあるか? は具体例を見たほうが速い

 

1具体例

あなたが建築業者であり

工事を請け負ってマンション建てたとしよう、

で、

注文主が金くれなかった。

よく起こるんですね。

 

そうゆうとき

出来上がったマンションの鍵を注文主に渡さない、

建築業者がマンションを占有してる状態が留置権だ。

は?



そんなことしてどないするんかって?

「金払わないならマンションを引き渡しません!    」

心理的な金の催促をすることが目的なのだ。

 

2具体例

あなたの車が壊れたから工場に持って行った。

車直してもらって、修理代が20万と言われた。

で、

あなたが

「金は後で払うから 車を持って帰っていいかい?  」

と言っても

工場側は 車を渡さなくてもいい、

修理代払うまで ずっーーーと工場に隠してていい。

 

あなたも車がなかったら仕事にいけないから

さっさと 金の工面をしてくるだろう、

そうゆう心理的に催促したい場面で

他人のシロモノを占有していい理由の名前が留置権だ。

 

おしまい

寺本考志