ハッキリと正しいことだけを大量に覚えたら合格者ではなく、

ほやほや合格者目線を知ってるかどうか?が一発合格の鍵

再掲載

(H24 問27 肢1)

胎児に対する不法行為に基づく当該胎児の損害賠償請求につき、胎児はすでに生まれたものとみなされるので

胎児の母は 胎児の出生前に胎児を代理して 不法行為の加害者に損害賠償請求ができる。

 

ワシが正しい解説したろか?(笑)

 

胎児に対する不法行為( おなかにいる子供をどうやって悪いことを? 母親に対する医療行為の失敗)

に基づく当該胎児の損害賠償請求につき、

胎児はすでに生まれたものとみなされるので

(仮に親父が今日死んだ、昨日生まれた子供は相続人になり、明日生まれた子供は相続人になれないのは理不尽だから 「みなす」の文言が入ってる)

胎児の母は

胎児の出生前に

(民法は明治にできた、

昔は 母親のおなかが膨らんだからといって、必ず子供が生まれてくるとは限らなかった、

だから?

胎児の権利は 胎児が生まれた後にはじめて他人にモノが言えるようにしようって話。

停止条件と呼ぶ)

 

胎児を代理して 不法行為の加害者に損害賠償請求ができる。

 

 

はい、

あなたは上記のような 「見えない行間」が思いつくのか?

1年で こんなことができるようになると思えるのか?

時間制限が入った本番の真っ最中に 新種の文章を見せられて

こんな正しいことが落ち着いて言えるのか?

 

言えないですよ、

言えるようになる必要もない、

しかし、

上記のようなことが言えるようになることが合格者だと勘違いしてるのが

毎年落ちてる35000人、

だから?

模試やDVD、難しいことが書いてる本を買いまくって 解説部分をとことん覚えるのだ。

そりゃ、

12年合格コースですよ、

(業者の なんとか合格コース講座は、ほとんどコレ(笑))

 

業者の講師レベルを超えた寺本考志レベルはいらない あくまで受験生として可能なレベルで考えるだけで合格できる

 

(H24 問27 肢1)

胎児に対する不法行為に基づく当該胎児の損害賠償請求につき、胎児はすでに生まれたものとみなされるので

胎児の母は 胎児の出生前に胎児を代理して 不法行為の加害者に損害賠償請求ができる。

 

聞かれてることをパッと訳せば??

 

・親父が交通事故で死んだから(不法行為) 慰謝料請求権が相続される、

母親は 胎児の分まで 車で親父をひいた加害者に損害賠償請求できるかどうか?

 

これが正しい解説かどうか?と聞かれれば 間違えてるだろう、

そんなことは分かってる、

大事なことは

時間制限入った本番で 受験生レベルで言えることは何か?

合格基準、どこまでのことができればいいのか?

そこに私が注目してるということだ。

 

準備とは、答えを覚えてくることではなく、なんとか試験官の新種の問題を普段の言葉、やってきた言葉に置き換えられること

 

 

[受験生が置き換えられる限界]

・親父が交通事故で死んだから(不法行為) 慰謝料請求権が相続される、

母親は 胎児の分まで 車で親父をひいた加害者に損害賠償請求できるかどうか?

 

正しいことが言えなくても

これくらい言えたら必ず読める、合格できるってことを知ってるかどうかが大事なのだ。

 

 

上の肢で 答えの視点は

・いつの時点で胎児の分が請求できる??

これが知識だ。

 

しかし、

長文の肢を見せられて

上で言った置き換えができてないのに、文章が読めてないのに、

この答えの視点が思いついたり、使えるはずがないってことを

私は強調したいのだ。

 

添削、質問箱

 

要は、

問題の答えを出せ、見せろって言うんじゃなく、

過去問見たとき、テキスト見たとき、

上記のような 難しい言葉をどう読み取ってるか? どんな変換をしてるのか?

それぞれ受験生の 「そこを」私が見たいのだ。

職業、年齢、経験、勉強期間でそれぞれ違うはずだから。

 

それをね、業者の手抜き記事のように

超絶正しい解答、100%模範解答で テキトーに教えるんじゃなく、

プロ的な言い方ができてるかどうかでもなく、

受験生としての、合格者ほやほやレベルで

私が合ってるかどうかを確認したいってことだ。

 

添削ってのは、

咎められること、細かいコトバのアヤや使い方を強制すること。

「なんで会社やめるんや?」

「給料 不満やから」

「じゃ、給料上げたったら あんた 後5年続けるんか? 他に理由があるやろ、ゆってみ??」

みたいな(笑)

要は、

詰められないと、自分は本気で考えないってことだ。

添削するには

まず、自分の思ってる主観を表に出すこと、

その時点では 正しい、間違えてる、どうでもいい。

返答を聞いて、自分が再考すればいいだけなのだから。

 

そこの訓練をやれば、本番で 読めないことが異常に減る、

なぜなら

添削すれば、他人の思想、経験が自分のモノになるからだ。

単に本を読んでるだけでは思いつきもしなかったことを、

実際に経験しなくても イメージできるようになるからこそ、考えられる幅が増えるからこそ

添削が 合格最強なのだ。

 

読み替えの方向性が合ってるだけで あとは基本知識で間に合う、

だったら90%以上の確率で答えが合う。

それが本番なのだ。

 

言うまでもないが、

私は いつまで経っても 受験生初心者の心のまんまでいるからこそ、

受験生の悩みが分かるし、

ほやほや合格者目線で シロウトでも分かるギリギリスレスレのラインで 簡単な言い換えを持って教えられるのだ。

 

ほら!

合格できそうやろ?(笑)

だから オンライン講座に金を払いましょう!)^o^(