人間関係の肩書きを意識してるか?

 

h28 問34
不法行為 と不真正連帯債務

はい、

この問題を読みましたか?

何がうっとーしいんですか?

答えはただ一つ。

Aさん、Bさん、Cさん、

誰が誰に何が言いたいのか?

読み取ること自体が難しい、時間がかかる。

すると?

「Aさん、Bさん、Cさんて書いてる部分以外の文章で正誤判断できないか?」
そうゆう雑な読み方になってしまう、

結果、

時間かかるだけで

なにも見出せない。

そうじゃないでしょうか?

ーーーーー
法律関係ってのは、

誰が誰に何が言えるか?

なんで言えるの?根拠は?

そうゆう意味。
大事なことは

試験問題どーこー、法律どーこーの前に

複雑な人間関係をたしなむのだ。

その代表が

不法行為、

親族相続だ。
ーーーーー

不法行為とは?

交通事故、事件。

口約束してない、全然知らないアカの他人同士が

今日いきなり 法律関係に入る。

だったら?

最初から

事故、事件のパターンを区別して

解決の方向に向かうモノサシを用意してなきゃいけない。

通常の取引、口約束あっての契約じゃない、

ということは?

特殊なモノサシになってる、

主観では届かない部分が混ざる、

これがヒントですよ。

 

ーーーー
図を見る

 

ピンクのマーカーは?

この度

請求したい人と、される人。

矢印が連なってるのは?

連帯債務関係に入ってるってこと。

ーーーー

前提

事故、事件が起こり

責任取らなきゃいけない人が複数になったら

口約束なしで当然に不真正連帯債務の関係に入る。
肢ア

テキスト320 使用者責任

大事なことは

このモノサシがあるから、

事故現場、事件現場にいないバックの大物を釣り出すことができるってこと。

 

「は? 関係ないだって?

あんた、従業員使って金儲けしてんだよね?

だったら従業員の行為のリスクも負えよ 」

そうゆう理由です。

で、

この肢で使う知識

この問題で一番難しい。
簡単に言うと?

使用者が被用者の代わりに被害者に全額の金払った、
使用者は被用者にいくらまで請求できるんですか?

その額の割り出し方は?

これ、

モノサシがないんですね。

私も長いこと、資格試験の問題を見てるが

どの資格試験でも、この足を見る、

しかし、

モノサシ書いてるのを一度も見たことがない、

だったら

なにを知ってたらいいのか?
「 使用者は、被用者に対して

全額の求償はできない、一部なら可能 」
これは覚えましょう。

ーーーーー

足イ

テキスト323 一番下

飼主が 相当注意を持って管理したことを証明したらどうなるの?

免責されることがある。
この足が言ってるのは?

飼主

「 俺が免責される条件を満たさなくても

他に責任あるやつがいれば

俺は無関係だから、離脱していいんだろ?」

そう言ってる、

そんなはずはない、

他に責任あるやつが見つかれば?

二人とも不真正連帯債務に入るだけの話。
この足は

試験官の落書きですよ。

 

ーーー

ウの足

イの足と同じく

他に責任とるやつが出てきた時の話。

他で言えば

ビルの看板が落下して、通行人負傷、

看板設置した業者の手抜きが判明。

当然にビル占有者と不真正連帯債務に入る。

ーー!ーー

エの足とオの足
使用者責任ありとなった会社側とアカの他人との共同不法行為

図を見ましょう

逆になってる、

なにが?

被害者に金払った人物がですよ。
この共同不法行為のパターンは

なにが言いたいんか?

被害者に金払った奴は

他の責任ありの者に求償できるのか?

連帯債務契約のように
口約束して債務者になったわけじゃないのに当然にできる、

それが歪、オモロイから問題にしてるんですよ。

ちなみに

エの足の最後尾

過失割合に応じて

の意味について。

 

事故現場で誰がどれだけ咎められるか?

それを数字で表すこと。

共同不法行為の場合の加害者が二人

「aさんは3悪い、B君は7悪い 」

賠償額が1000万なら 3対7に分けられるってこと。

 

ーーーー

足の切り方

結局、

エとオがド基礎であり、それが聞きたいだけ。

エとオが正誤判断できたら?

答えは組み合わせ4しかない。
すなわち?

足のイ、ウみたいなグレーの肢を

先に考えてはいけないってことだ。

ーーーー

考察

視点を持て!

それは 人間関係の肩書きに注目することだ。
図を本番で書くときは

全員に肩書きを書かなくていい、

しかし、

肩書きを意識してないと

自分が知ってるテキスト視点、

習った視点と噛み合わないですよ。

 

テキスト見ても過去問見ても

肩書き書いてますよね?

親権者と未成年とか

代理人と本人とか

そうゆう登場人物の肩書きを意識して

だれが誰に何が言いたいか?

ソレを形にして、パターンにしてるのが

モノサシなんです。
普段からこれができてたら

記述問題で出される視点でも

異常にラクに読める。
そうゆうことですよ。
おしまい

寺本考志