カテゴリー別アーカイブ: [通信講座] スマホでいつでも質問回答!

行政書士試験 高卒・法律初学者100人以上の合格成功例を持つ「1対1スマホ通信講座」

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

どうも 寺本です。 あなたは学歴にコンプレックスを持ってるだろう。 私は高卒だから 私もそうだった。 過去形だ。   資格スクールで集団指導、企業相手の講師、 いろんな教え方をしてきたが 足の遅い人向けに作ったのが 私のスマホ通信講座だ。 わたしとおなじく 学歴に嫌な思いを持ってる人たちを一人でも多く救いたい。 その執念で生まれた指導法だ。   学歴に嫌な思いを持った数多くの合格者を生み出したスマホ通信講座に興味がある人は まずは私のメルマガに登録してください   おしまい 寺本考志  続きを読む

[行政書士試験40~50才] 年齢的に暗記が難しくて覚えられないあなたへ速報

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

どうも 寺本です。 資格受験生は 合格するには 「覚えた量」だと思ってる。   ・勉強した時間の量、 ・難しい知識を覚えた量、 ・新しい問題を解いてきた量、     「たくさんの数を覚えなきゃ! たくさんの問題をこなさなきゃ!」 思い込んでることが そもそもの誤ち だから、 年齢とか記憶力とか 暗記の仕方とか そんなもんはどうでもいい   [だったら 正しい勉強とは何かって?]   新しい言葉に置き換えることだ。 そもそも 法律や行政書士試験なんて あなたにとったら 異質であろう、 それを受け入れるために 今すぐ人間変えることや 考えや見方を変えることなんてできないですよね? でもね、   難しい言葉や難しい情報を ・新しい言葉 ・簡単な言葉 ・普段から使ってるコトバ に言い換える、置き換えることができたら考えや見方は変わる   それが合格スキル 点数なんだよ。 短期で一発合格とか 何回も本試験で落ちたけど 次の一回で受かったとか 私に教えてもらって受かった人たちは   寺本の言い換えを気に入った 寺本の言い換えをマネした そうゆう「簡単なこと」をやっただけ。 もう一度いうが 「たくさんの数を覚えなきゃ! たくさんの問題をこなさなきゃ!」 しんどいだけ そうゆう難行苦行の勉強なんかやめて 寺本の言い換えをマネするだけってゆう「簡単なことから」やりなおしてみないかい?   しかも 本を読むという苦痛な作業でなく スマホで見れる動画を見るだけという簡単なことをやってみないかい?   これで 暗記、覚えるという苦痛な作業から開放される。   興味がある人は私のメルマガに登録してください。 下記のリンクをクリックしてください   おしまい 寺本考志続きを読む

通信講座ですぐに受かる人、受からない人の違いとは? [寺本先生のネット通信講座]

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

どうも 寺本です。 本試験終わって すぐに私の通信講座に大金払ってもらった人の話   [以下は 講座に申し込んでくれた方がた そのうちの一人とのメールのやり取りです。]   初めまして。 去年から気にはなっていたのですが・・・ 今年の初めての試験は、合格圏にもいかずでした。 とある通信教育の先生が、 初学者は必死に頑張っても半分とれればいいほうだと忠告を受けまして、去年はとりあえず申込にいたりませんでした。 今年は本気で合格したいと思い、とりあえず忠告を受けた通信教育……今年も頑張るなら半額みたいなセールがきました。 もちろん、お断りいたしました。 頑張りたいと思っております。 もちろん、この講座も必死で暗記などしないといけないですよね?   「寺本の返信あり」   お返事ありがとうございます。 私も、あせるあまりバカなもんで他の通信講座はどうなのかとか色々手付かずになってしまってるのかもしれません。 たぶんご存かと思われますが、フォー○イト、YouTubeや合格一発エンジンサイトを使用していました。 試験落ちたのがすぐにわかり、今までの通信講座はとりあえず辞めて、バカなもんで他の通信講座に申し込んで・・・ とりあえず、楽しみながらネットや問題集で一問一答をしてる状態です。 そしたら、何で寺本先生にメールを?と思うかもしれませんが、やはりどこかで不安が頭にあります。 色々検索してたら、寺本先生のサイトを再度思いだし(メルマガ登録もしていたもので)、思いきってメールさせていただきました。 話は変わりますが、寺本先生のオンライン講座気になります。どのようにやるかもだいたいわかりました。 大金っていうのも気にはなりますが、それだけ得るものがあれば私は構わないとおもっております。 本当、来年は絶対に中途半端で終わらしたくないですし。   今の正直な気持ちなのですが、 通信講座の演習一問一答集はゲーム感覚でできるのは続けていきたいなと思っているのですが…… もちろん、お金も払ったし今からそれはすべてやめにするのはもったいないというのもあるし、 今現在は楽しく過去問をこなしていけているというのが本音なのです。 そのような考えでも、寺本先生のオンライン受講は可能でしょうか? すべて身の回りのは期し去ってからでないとダメと言われたら、正直どうしようっていうのもあります。   「寺本の返信あり」   連絡ありがとうございます。 承知いたしました。 こちらこそよろしくお願いします。 正直な気持ちとしては、やり取りだけで大丈夫なのかなあって気持ちはありますね。そんなこと言って、とても失礼かと思っていますが。 でも、頑張ってみようかと思っております。   以上 で、 上記の方は すぐに私に大金払ってくれて 現在 私とチャットワーク掲示板でやりとりしてます。 喜んでやってくれてます。   何がいいたいかわかりますか? 寺本考志に対して 半信半疑だってことですよ。 私に金払って教えてもらう、その前の状態ってのは全員同じく半信半疑 が、 その半信半疑の状態でも金払って 前に出たから 未来が変わるんです。 「すぐに受かる人、受からないひとの違い」 それは 一回失敗しても 諦めずにすぐに次の手段を探す人が すぐに受かる人です。   私の講座に興味がある人は 私のメルマガに登録してください。下記のリンクをクリックしてください おしまい 寺本考志続きを読む

100%合格できる方法 問題の解き方のネット添削講座

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

どうも 寺本です 私の講座に金払ったら 添削してもらえる。 問題の解き方 ネット添削って何? 私の講座に参加してもらってる人に 問題をやらせる、 こうゆうことを書けと指示する。 肢のマルバツをつけて間違えた理由を書けとか で、 終わったら その問題をスマホで写真取らせて送らせる   ネットだからといって アバウトではない、 精密に アドバイスできる。 画像見たら どんな考えしてるか? すぐわかるから。 あなたが知りたい 「そこらへん」を教えてもらえるんじゃない あなたが知りたい「そこ」を教えてもらえる、 そんなことができるのは 私しかいない。 だが、 私は エスパー伊東ではない、 だったら なぜ 受験生が問題に対して 正誤判断して間違えた理由を修正できるのか? それは 誤解、誤読のパターンは 最初から決まってるからだ。 そこは 受験生全員が通る道だからだ。 逆に言ったら 「そこ」を通ってない、修正してないなら 前に進めてない証拠になるのだ。   はなしの続きが聞きたい人は 私のメルマガに登録してください。 下記のリンクをクリックしてください おしまい 寺本考志続きを読む

答え間違いが多い。問題の解き方を初心者向けに詳しく聞きたい人だけ読め

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

どうも 寺本です。 「過去問やって 間違いだらけ・・」 「もんだいの解き方の見本が見たい」 そうゆう人向けのはなしだ。   基準を持って答えてるか?   あなたは 過去問使って 「肢のアが○、肢のイがバツ」 正誤判断をしてるはず。   じゃ、肢に対して付けたマルバツ記号、 その理由はいえるのか? 私の講座では そこに具体的に切り込んでる。 大阪の直接指導の場合 ある問題を口で答えさせたら 受験生はなんて答えるか? 「そのとおりやと思ったから」 「そんなことはないと思ったから」 「前に見たことがある・・気がするから」 民法の場合 「肢の中の Aがかわいそうだから Aは何も悪いことはしてないから」 たいがい そうゆう類のことが2,30秒考えた末に出てくる。 私の解説記事を見たことがある人は 承知でしょうが 「問題の答えが合った、間違えた」 そんなことはどうでもいい 肢を読んだ、○つけた、×をつけた、 だったら 理由があるんですよね? その理由が 基準を持って答えたかどうか? それが言語化できるか? これが合格するための検証 大事なことは 答えの理由が 正しい間違えてるとか 問題の答えを合わせろとか そうゆう問題ではない、 勢いやノリや気分で 正誤判断するのをやめろといってるだけ。 自分が数秒前に 何を持ってして マルバツの正誤判断を下したのか? それが言えるなら なんの問題もない、 なぜなら 直す元があるから 直す元にあなたが気づく、 見えてる、気づいてるなら どんな状況であろうがただせる、直せる。 その初期段階 気づかせてもらうために 私の記事や講座がある   話の続きが聞きたい人だけ私のメルマガに登録してください。下記のリンクをクリックしてください おしまい 寺本考志    続きを読む

行政書士 試験日まで勉強続けるか今やめるか?決めかねてる人は読め

[通信講座] スマホでいつでも質問回答!

  どうも 寺本です。 何回も同じこと言ってますが 「自分はやり切れてるのか? やりきれないのか?」 それが答え。 やり切れてないのに 本試験受けた で、 落ちたら? サボってた可能性があるから まだまだ考えなきゃいけない、勉強しなきゃいけない、 来年も受けなきゃいけない   その余地が残る。 逆に やり切れて本試験受けたら? 勝とうが負けようが 後悔がない、 なぜダメだったのか? 自分で言語化できる。 そして 次の出方がわかる。 もう引退するのか 続行するのか、決めれる段階までいける。 そこまで含めて やり切ることが資格試験に関わるってこと だから? 一人でやるな、金払って教えてもらえってこと。   資格試験に関わってる限り 金がかかるのは 当たり前 止めた瞬間、周りから取り残されるだけ。 最後に 金使って 時間使って 労力使って 仮に本試験で負けたら?   仮に 金払って時間使って アレもコレも手を尽くした、 それでも本試験で負けたら? そのときは 本もえんぴつも 手放し 引退すればいい。 この意味が理解できんから 資格試験に関わってること自体が 重荷になる、ストレスになる、なり続ける   私は なにも 「試験に勝て 人生に勝て 自分に勝て」 そんなこと言ってるんじゃない。 出方が決めれる人間になれ 後ろめたいことが多いまま 増えるまんま年とるな それだけ。   これ以上 まともな話してくれる奴が ほかの業者の講師にいますか?   そうゆうことですよ。 以上 話の続きが聞きたい人だけ 私のメルマガに登録して下さい。 下記のリンクを押してください おしまい 寺本考志続きを読む