カテゴリー別アーカイブ: [リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

[行政書士] 今度こそ受かりたい! やり直したいあなたへ

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

どうも 寺本です。 「やり直したい」 前の彼女や 前の嫁とか 前の会社とか 生きてたら 色々やり直したいって思う。     私の資格試験完全ドシロウト時代 「向いてない もうやめよう ほかのことしよう」 その言葉を1年に5000回以上唱えてきた。   が、 それと同時に 「やり直したい」ってゆう魔法のことばをも 同じだけ心で思ってきた。   で、 資格試験とか 本の活字見るとか 勉強するとか 合格するとか あれだけ嫌いやったのに 今現在もまだ こだわってる。 まだ 何かを追求しようと思ってる。   私は自分にいつも問いかけるんです。 「資格受験生を教えたい? 受からせたい? なんで?」ってね。   それは 声ですよ。   「寺本が何を言ってるのか?」理解できる人たちの声があるからだ。 そして 「寺本が何を言ってるのか?」 理解できる人ってのは 変わろうとする準備ができてる人。 それが 実際に目の前で見たことがなくても メールのやりとりしたら コンピュータスクリーンから伝わってくる。 その以心伝心があるから 今日もこうやって 記事を書けてるのだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー この業界にはね、 オフィシャル発言できないことが山ほどある。 そのうちのひとつ。 「一回失敗した受験生を再起させるより 初心者の受験生を集めて 無理矢理勉強やらせたほうが合格させれる」   そうだな。 確かに そのとおりだ。 なぜなら 初心者はアカの他人に対して猜疑心を持ってないから。     たとえば あなたが TAC、レック、フォーサイト、大原 どっかの業者の講師のDVDを利用して 受験失敗してたとしたら たとえ 現役最強の私の指導法がホンマモンであっても 半分以上 話を聞いてないからだ。   半分以上 人の話を聞いてない? だったら 残りの半分は何か? それは 自分勝手に勉強して 自分勝手な判断で試験に臨むってことだ。   しかし、しかしだ。 一回失敗した人でも 「他人を受け入れてない どんどん自分勝手になってる」 そこに気づいて止めたいと思う人がいる。 そっから変わろうとする準備ができてる人たちがいることを私は知ってる。 そう 変わろうとする準備ができてる人にだけ 私の声が届けばいいと思ってる。     ーーーーー   「やり直したい」 「今度こそ勝って終わらせたい」   ははは なんでそんなことをマニアックな資格試験に対して思ってしまうのか? 正直 昔の私には不思議だった 周りで 資格試験がどーこーで話が盛り上がってるやつは一人もいないんだから。 「もしかして 俺は趣味が悪いから 専門的な難しい本の活字を追求したいのか?」 自分の感性を疑ってましたよ。   でも 集団指導、個別指導、教える立場になって 私の教材買ってくれた人、講座に参加してくれた人、 受からなかった人、受かった人 何年も何千人も声をもらってきて思うんです。 私と同じ考えしてる人が本当にいるんだなって。   仕事ちがえど、立場ちがえど はたから見たら どーでもいいシロモン マニアックな資格試験を追求したい人が本当にいるんだなって。   だったら? 昔の私と同じ気持ちを持ってる人に 一回失敗した人間が勝てる方法を教えてあげたい 人は どんな状況からでもやり直せることを教えてあげたい   「たかが資格試験」 それが 「されど資格試験だった」 と言わせてあげたい。   あなたがもし そう思える日が来れば あなたが 資格試験を通じて体験したことを誰かに伝えるはずです 伝えることができたら あなたも私がいただいてきた声をもらうことができる。 その声をアカの他人からもらえることができたら? あなたが不可能だって思ってたことが 現実に可能になるってことです。   今私が言ってることが ホンマと思うか? 自分には関係ない他人事と思うか? たったそれだけの違いで 次回の結果が決まる。   そうゆうことですよ。   おしまい 寺本たかし続きを読む

行政書士試験受けた→100点も取れない→点数上がる勉強のやり方教えてほしい

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

どうも 寺本です。 「行政書士試験受けて 100点も取れなかった」   それは 本試験問題の中で読めない場所が多すぎた。 知識を覚えた数じゃなく 問題文の読み方の基礎というものが足りなかった。 これが原因だ。   で あなたはこう思ってるかもしれない。 「100点も取れなかった もうやめよう 受かる気がしない」 ってね。   引退する前に 最後に聞いてほしいことがある。   あなたの家にある 本、教材、プリントが多い、 ページ数が多い、 これが嫌なんだよね? 「がんばるって コレを片っ端から見ることだよな・・」 そこにストレスを感じてるはず。   だったら こうゆうのはどうだい? いったん 本を触る、読むのをやめて スマホの画面だけで勉強してみないかい?   3時間動画を黙って集中することじゃないよ。   ・1発3分で終わる動画 ・中身は 誰でもわかる簡単な知識や問題についてだけ   これならできるでしょ?   しかも? それさえやってりゃ 基礎力が付いて 問題文を読めるスキルが身に付く 合格が100%に近づくって言うならどうだい?   やる気になりましたか?   詳しい話が聞きたくなったら 私のメルマガに登録してください 下記のリンクをクリックしてください   おしまい 寺本考志      続きを読む

行政書士試験結果 100-149点で落ちた人は読め 「次は絶対合格できる」って言わせてあげます

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

どうも 寺本です 法令択一、穴埋め、民法・行政法記述 一般知識の点数トータルで 100点~149点やった人は 理論的に考える、答えを絞るってことが分かってないのだ   法律の問題ってのは 筋道がある、 1こうゆう問題が起こったら 2こうゆう手順で 3こうゆう考え方で処理する   最初から決まってる。   だったら?   1テキストには こう書いてる、 これはこーゆう解釈をする、 2だから この過去問の問題は こうゆうふうに読むんだ、こうゆう方向にいくんだ、 3答え、結論はこうだ こうゆう論理的な考え、言い方を教えてもらってないからだ。   で それをスマホだけで教えてもらえる 1発3分の短い動画を見てるだけで身に付くなら? わからんかったら 今すぐスマホでメールするだけで詳しい答えがもらえるなら?   あなたにもやれるでしょうよ(笑)   興味がある人は今すぐ私のメルマガに登録してください   おしまい 寺本考志続きを読む

[行政書士] h29本試験問題見直した が、不合格原因が分からず6ヶ月経過

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

行政書士本試験が終わって ちょこちょこH28の本試験問題を見直してるが 前回とは違う次回に向けた勉強の道筋、改善法がつかめないでいるあなたへ   「2017 h29の本試験問題見直した 答え合わせしました」   それで? 間違えた問題、誤読した問題、ニアミスした問題は何個あったのか? 見れば見るほど 50個 100個あったんじゃないだろうか。 自分の悪い部分を見れば見るほど 気が遠くなるだけ   「3.4箇所直したら 次は大丈夫や!」 前向きになれたのか? いや、 なれてない 何が言いたいかって? シロウト一人の独学で 試験問題を分析研究なんて しょせん その程度のもんなのだ。   今日は 私の最高ノウハウを無料で教えよう。 それは 「てめえ一人だけのためにやってることは そのすべてが誤ち」 資格試験の勉強なんて まさにその典型になりやすい。   だが、心配は要らない 時代は大きく変わってしまった。 予備校通学する必要はない 特定の偉い人の話を目の前で何100時間も聞く必要はない。   今はスマホだけで合格できる時代です。 スマホのがめんひとつで 合否が決まる時代 そう、 スマホで始まりスマホで終わる。 どんなに勉強できないドシロウトでもスマホの使い方ひとつで合格できる、 その道を私が用意した。 その奇跡を提供してるのが私です。   続きのはなしが聞きたい人は 下記のリンクから私のメルマガに登録してください。 おしまい 寺本考志  続きを読む

[行政書士] 150-179点で落ちた人の話 次回対策は?結果画像アリ [法令88点 記述50点 一般知識32点

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

どうも寺本です 今日は 2016年行政書士試験に見事受かった人の話ではなく 落ちた、170点やった人の話です。 上の写真は 私の行政書士通信講座に金払ってがんばって勉強したけど 結果アカンかった人の成績表 まあ そうゆう人もおるわけですよ。 その中でも こうやって アカンかった試験の成績結果を公表していい、他の受験生に見せて 分析論評してもいいって 言ってくれる受験生も多いんです。 で、 この成績表見たら 私にはわかるわけですよ。 勉強やったりやらんかったり、 休憩を数日挟んで また思い出したときに 勉強再開したとか そうゆう中途半端なスタンスが最後に響いて 本試験で180点に届かなかったことが、 私にはハッキリ見えるわけだ。 大事なことは そうゆう本音の話、急所の話、実話の話を 平気であなたに言ってくれる奴を見つけなきゃ何回でも同じ誤ちを繰り返すってこと   絶対に勘違いしてはいけないことは 「150点とったから 後は一人でやれば受かりそうやわ」 ってゆうヌルイ期待。 このヌルイ期待を持った瞬間  また次回の本試験が終わって泣くハメになる 私は そうゆう受験生を何100にんも見てきた。 あなたも同じハメにあいたくないだろう。   最後にいいことを教えてやろう。   私の集団指導経験、 私の個別指導経験 私の全国スマホ指導経験、 私の受験生活時代、 私とであった受験生たち   そのすべてから学んだことはたったひとつだけ。   「てめえ一人だけのためにやってることは そのすべてが誤ち」   これ以外のことは どうでもいい。 このひとことに比べたら 資格試験の勝ち負けやゼニカネなんかゴミみたいなもんなのだ。   もし 今のあなたに思い当たるところがあるなら 最後のチャンスだ。   一人でがんばるのは今日でやめろ   それだけ   一人でがんばるのを今日でやめれる第一歩は 私のメルマガに登録することだ。 下記のリンクからクリックしてください。   おしまい 寺本考志  続きを読む

[ベテラン受験生は読め] 「次も落ちたら、どうすんねん? また予備校通信講座に金払って勉強するんか?」

[リベンジ] 行政書士試験に落ちた後の出方

  「次も落ちたら、どうすんねん? また予備校 通信講座に金払って 勉強するんか? おう? いいかげんにしたらどうや?」   行政書士試験で落ちたあなたは、 身内に こうゆう方面のことを言われたはずだ。   即決簡単に言ったら、 「勉強やって落ちたんやったら、もう辞めて違うこと探したら?」 「行政書士とか法律とか もう向いてないってことなんやから 違う道探そうよ、応援するし」 諭されて諭されて・・   「そうしたほうがええんかな~」 思い始めてる最中で、 勉強なんか手につかない、心にポッカリ穴が開いた状態、 あなたは自分の顔を鏡で見たら、「心ここにあらず」 そんな顔をしてるはずだ。   「行政書士本試験で落ちて、落ち続け 自分を見失った、誰も何も信じられなくなった・・」   自分の殻に閉じこもった後、そっから立ちあがれる人は多くない。 予備校や塾に行ったら、 知識の徹底解説、整理整頓、合格法、正攻法はいくらでも教えてくれるだろう、   だが、 「一回失敗した人間が復活できる方法を教えてくれる・・」 そんな学校や塾は存在しない。   あなたが聞きたいのは、 ・試験範囲すべての知識の徹底解説ですか? それとも ・むかーしむかしに通用してた、古臭い裏技ですか? ・聞こえのいい、客観的に、大衆が納得するような正攻法ですか? ・天才 優良受験生が合格できた だからそれを使ってあなたも サルのモノマネしましょって話ですか?   全部、的外れもいいとこだ。 なんで?   業者や教材が有名、ブランドやから 金を出してはじめるとか ネットや業者が出してる DVD、便利ツールの類・・ 精神力鍛えて 本番の緊張感を克服するには・・   そんなもん とっくに体験済みで一周して二周して  行き着くとこまでとことん行って 今のあなたがあるから。   ネットのブログ、掲示板、 本屋の本、 他の受験生の意見、 自称専門家とうたう 業者の講師のアドバイス、   目にするたび 聞くたびに あなたはこう思うはずだ。 「違う違う、そうじゃない」 鈴木雅之の歌が聞こえてくるだろう。   ・ 次回本番で出る問題が書いてる本を日本中から集めたらいいのか? ・東京、大阪で毎日やってる怪しい自己啓発セミナーにいって ペテン師から能力開発の施しがいるのか? ・誰かの陰謀で 俺が合格できないよう、仕向けられてるのか?   あなたの猜疑心は膨張し、人に言えないほどの妄想に追い詰められてるはずだ。   え? なんで私にそんなことがわかるかって? 簡単や。 あなたは 昔の俺やからです。   「でも もし・・」   あなたはそう考え 思考回路の中ではまだ 希望を失ってないはずだ。 「でも もし・・」 その後に出てくる言葉は 言う必要はない、 私には見えてるからだ。   今日はひとつだけ ええこと教えます。 私は この資格業界に日本で一番詳しい。 私が言語化して 伝えられないことはひとつもない。   だが?   「sekai no owari」 [konoyo no jigoku] だった受験生活の実体験 そして 教える立場になった実体験 そのすべてを通じて俺が得たものは たったひとつだけ。   「てめえ一人だけのためにやってる行為は そのすべてが誤ち」 それだけです。   何が言いたいかって? あなたの次の一手は うまく立ち回るための方法論をプロからもらうことではない、 話を聞いてもらう相手を作ること それだけで 過去を忘れて 前に進めるんです。     「もう一度 立ち上がる勇気は誰も処方できない・・」 違うな、 もし そう思い込んでるとしたら その人間は奇跡を見たことがないからだ。   自分の人生に奇跡が起こることを信じたい人 その人だけを私は応援したい   おしまい 寺本考志   続きを読む