カテゴリー別アーカイブ: 記述問題3問

行政書士 H29民法記述問題 40点満点取れた勉強法とは?

記述問題3問

行政書士 H29民法記述問題 40点満点取れてた勉強法   どうも 寺本です。   私が教材や講座で 何回も同じことを言ってた それだけ知ってりゃ 40点満点取れてたってことを今から教えよう。   問題文は見なくていい 問題文なくても 私の言ってることに従ってれば 点数取れてたってことを教えます。   今日は 行政書士 2017 問45 債権譲渡 の解説はナシ ※講座参加者だけ見れる   行政書士 2017 問46 不法行為 だけ見ていこう   不法行為 「不法行為が 試験で絶対出る」といいました だが 「不法行為の時効が聞かれる」とは言ってない。 だったら テキストに書いてる 不法行為の時効の知識を忘れとっても どうやって点数とれてたかって?   1 何100かいも同じ事をいいました。   「または」 「かつ」 「及び」 って書いてあったら それは日本語じゃないってことを。   不法行為の時効の起算点はいつ?   被害者が 損害及び 加害者を知った時から3年 または 不法行為のときから20年     2つも出てる。 何が言いたいかわかる? 試験官は 受験生が法律の本の読み方を知らないことを知ってるってことだ。 だから書かせたいんです。     2 時効て何? 単に時間が経過した、それ自体で 目的達成させてやろうってシステムだ。   ところで 「寺本考志は 10代のとき 松雪泰子と結婚できると本気で思ってた」 ↑ これ、何? 主観ですよ。 これは? 内心を告白して、意思表示して はじめて 他人がわかることです。   ある事実を知った時から3年で 権利は時効消滅だ?   「今日、俺ははじめて知りました」 本人が嘘を言った瞬間 権利が時効消滅することがありえない。 主観なんて そうゆうアバウトなシロモン。 だったら 法律のモノサシにならん。   だから? 客観で権利消滅の道を 同時においてる。 2018年 5月16日 誰がどう見ても 見方、解釈はたったひとつ。 それが客観ですよ。   だから何?   損害及び 加害者を知った時から3年 (主観) または 不法行為のときから20年 (客観)   2つのモノサシが流れてる。   「時効消滅ってのは 1行では完成してない」 それが寺本語録、金になる知識。   以上 上記2つの点数取れる視点を持ってたら? 仮に不法行為のテキストページ 時効の目次の下を見るのを忘れてたとしても とっさに聞かれても 全部思い出せる。     考察     寺本は何が言いたいのか?   資格試験だろうがなんだろうが 比較の対象持たなきゃ 一生扱いきれない 一生うまくいかない だが 比較の対象持った瞬間 もはや覚える必要も思い出す必要もなくなる。   シロウトとか、プロとか関係ない、 「最初から最後まで 比較してなんぼ」 それで決まる。   だったら ・比較の対象のありかを教えてもらった人 ・比較して 自分が知らなかった 他人の視点を奪い取った人   それだけひたすらやった者が先に勝つ そうゆうことですよ。   さあ 最後のチャンスだ。   本を触るスキル、本が読めるスキルをあげるため 一人でがんばっても時間の無駄。   難しいことに自分の人生の時間をすり減らすか? 金使って前に出るか?   結局 そうゆうことだよ。 続きが見たい人は わたしのスマホ通信講座に参加してください   おしまい 寺本考志   → 講座申込ページ → 寺本に問い合わせ        続きを読む

[行政書士]記述問題で点数取れない。解答用紙が書けるコツとは?

記述問題3問

本試験問題の長文が読めてるつもり、 でも 本番で点数くれない。 それはなぜか?   その答えは 試験官が聞いてることは  あなたが知ってる日本語じゃないから。   記述問題の解答的に言えば? 単なる日本語を書いただけでは 試験官は点数くれない   ここの話を徹底的に追及し、 そこらへんの受験生が、誰にでも分かるように解説できるのが、私だ。 あなたがどんな課題、悩みをもってようと 私を頼れば 一瞬で誤解は解けるだろう、 ぜひ私の奥義を使って合格してもらいたい     記述問題で点数取るために、新しい問題をたくさんこなしておく必要はあるのか?   ない。 ネットのガセ情報により 記述問題対策で勘違いしてる受験生が大勢いるから ここでハッキリ言っておこう。   ・あなたが知ってる問題、 ・市販で販売された記述問題、 ・予備校模試、 そこに書かれてることが 次回本番、記述問題で出してくれることは  100パーセントありえない。 なんで?   受験生がすでに知ってる問題を出したら、試験でもなんでもなくなるから。 もし、もし仮に ある予備校に通ってた受験生だけが、記述問題で点数とれた、合格できた・・   それは業界では 没問と呼ぶ。 「ある特定の予備校通ってた人だけ 大量合格」 事件になる   そんなことになったら あなたは 腹が立ちませんか? が、心配無用、 試験官は、そんなマヌケな展開にはしない 誰にでもチャンスがある戦いにしてくれる。 改め、 資格試験とは? 知らない問題であなたを試す。 だったら? 問題で聞かれてることを知らなくても、実際なんとかなってる、点数拾えてる、 それが合格者の姿だ。 問題で聞かれてることを知らなくても点数もらえる? そんな勉強方法あるんかって?   ある。   そこをスマホで見れる教材を私が作った。 見たい人は 下記のリンクを押してください。   おしまい 寺本考志続きを読む

[行政書士] 民法の記述問題で40点取れる方法 第1話

記述問題3問

    民法記述問題で高得点が取りたいあなたへ 以下の悩みが解決します   ・記述問題が読めない、「何を書いたらいいのか?」 サッパリ思い浮かばない   ・民法の記述問題が点数取れない・・と言いたいところだけど 本当は 択一問題の民法にもついていけない   ・長文が苦手、問題文を正確に読む、知識を使うってことができない     民法・行政法だけで受かるのか? 記述問題で点数取ることは合格にどれくらい必要なのか?   行政書士試験の科目で 点数が飛躍的にアップできる部分は、 民法、行政法しかない。 それと同時に この2つが揃ってなければ、 もう合格はない。 配点の枠がそう物語ってるからだ。   受験生を試すサイド 試験官からすると、 問題をイジクリ回すことが 最も受験生の実力が測れる。 民法と行政法の問題だけが イジクリ回すのに 持って来いな材料なのだ。     「物事を組み立て力」 「理論的に考えるスキル」   それが 最も具体化された部分が 試験の記述問題の60点満点という枠。   記述問題で 何点取ればええんか?   36点だ。 実際は、その前後の点数が取れれば問題ない。 なんで? ・法令択一科目足切り120点くらい、 ・一般知識足切り6問、 両方をたしたら、144点 合格点の180マイナス144=36点だから。   要は 記述問題で50点取れても、合否の差別は起こらないのだ。 他の教材で私が何千回も言ってることだが、合格者の点数は 180〜190点だ。   記述問題で点数取れる極意はあるのか?   ある。   たとえば、 「このテーマは 点数取れなきゃいけないのに、 点数取れない状態のままで 試験会場のイスに座る」 よくある負けパターンだ。 そこを克服するのだ。   「あのテーマは 大丈夫だと思うけど、 このテーマを聞かれたら、俺は何もできない・・」 少なくとも、そうゆう弱点をゼロに近づける。   そして??   「このテーマを 本番で出すなら 聞くのはコレ!」 記述で出せる問題はコレが限界。 それが何かは もう最初から決まってる」       その急所だけに特化して記事に仕上げた本を私が作った。 民法記述問題で点数取りたい人だけ 下記のリンクを押してください。   おしまい 寺本考志  続きを読む