「前回→今回→次回」 つながりを発見するから点数になる。

 

平成23年 問13

行政手続法の法律用語の定義を答えろ

肢1

「処分」

行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為で• • • (続きあり)

 

 

これを見た時、何を考えましたか?

 

答えはただ一つですよ。

私のピンポイントメールで

「 処分の意味が分からん、

寺本も昔、過去問読んでて混乱してた、

処分の意味は一つじゃない 」

 

それを思い出せるかどうか?なのだ。

知識をハッキリ思い出そうとするから 毎日自信を失うだけなのだ。

 

いいですか〜?

前回→今回→次回

つながってるってことが自覚できるから

長考しなくていいの、迷わないの。

 

後ろの解説読むなって言ってるのは

ますます持って、

単独、独立知識として、頭に新しいことが増えるだけだから、

前回の自分が消えてしまうからなのだ。

その典型がコレ。

こんな過去問の肢を丸腰、ゼロから読んでるのが毎年確実に負けてる35000人なのだ。

 

• 前回とつながってない?

• 前回の関連、自分だけの関連が思い出せない?

もう遊んでるのと同じ。

新種の問題を本番で見せられて

点数取れる理由はない。

 

具体的に何が言えればいいか?

「 寺本が言ってたことと違うことが書いてる!

前回の続きだぞ!

処分の意味の、3つ目が出てきたぞ! 」

それが言える奴が100パーセント合格ですよ。

 

寺本考志のオンライン講座を続ければ

こうゆうことが当たり前になる、

「覚えた数が多くて 脳の負担になる」

そこが変わる、

難しいもんでも 続けてるだけで簡単になる、

その理由がコレですよ。

おしまい。