難しすぎ 全然わからん、確実に合格できる勉強のやり方を探してるあなたへ

 

16-4-18gyousei-arasuji2
15-4-18-title815-4-18-title515-8-3-title1

 

 

16-5-3ore2

15-4-18-title5

16-4-18h

15-4-18-title5

16-5-3ouen

15-4-18-title5

16-3-16k-

 

正しい情報だけを吸収し、試験日までの道筋を立てることができれば

しょせんたかが 「資格の試験勉強」

それが 「されど 資格の試験勉強」に変わるのだ。

 

 

どうも、寺本です。

予備校、塾、通信講座に大金払って あっさり不合格になった受験生を私はたくさん見てきた。

もしかしたら あなたも同じ目にあったかもしれない。

もしかしたら

「超絶アッタマキタ!」とキレたり、

「資格なんか もうどうでもええわ」思ってるかもしれない。

だが、それでもなお

一度本試験で嫌な目にあって 業者への印象が悪くなった人たちが 私に助けを求めにやってくるのだ。

「業者を信用して一度落ちた受験生たちが なぜ私を選ぶか?」

そこは あなたも最後まで読めば分かる

私の昔話を聞いてもらおう。

私は高卒だ。

頭の良さにレベルがあるとすれば タコの中のタコだった。

たとえば、

私が人生ではじめて仕事をした瞬間、

2日でクビになった。

工場の仕事だ。

大事なことだから もういちど言うが

私から辞めたのではなく、「辞めさせられた」のだ。

汚い窓から夏のひざしがキツく差し込む 古ぼけたロッカールームで

派遣会社の人間と二人っきりになり、

「今日でアガってくれないか?」

言われたことを ハッキリ脳に刻み込まれてる。

と、

人生で一回こっきりのステキな想い出にきこえるかもしれないが、

なんてことはない。

どこの会社に移っても バカにされ続けたことは同じだった。

だが・・

さんざっぱら そうゆう嫌な目にあったからこそ、

私をバカにする人間に言われたことをただの一度も忘れなかったからこそ

「自分という人間は 自分の考えで道を切り開かなきゃ生きて行けない!」

自覚が持てた。

私は20代の頃 死ぬほど本屋の本を読んだ。

自分なりの努力と実践というもんをひたすら繰り返した。

「悔しい」という気持ちだけが私を育てた。

 

気が付いたら??

私に意見を求めてくる、

難しい仕事を依頼されるわ、先生とよばれるわ、

知らない人からすぐに信用されて 相談されて感謝される、

とにかく まともな神経をもった良識ある人間しか私の元にはやってこない。

 

あなたも、こころのどっかで そうゆう逆転劇、変身願望を望んでるかもしれない。

 

もう一度言うが、

「自分なりの努力と実践」というシロモノ

この意味が分かりますか?

それは

ネットや他人が言ってることを鵜呑みにするのではなく、

自分で選ぶということだ。

自分で 人を選ぶということだ。

 

自分のことしか考えてない上司や仕事仲間、

あなたを平気で傷つけたり、バカにしたりする人、

そうゆう奴らといっしょにいるから あなたがますます困るだけなのだ。

いいですか?

 

資格の勉強てのはね

自分ひとりのためにやるもん、てめえ一人だけのためにやってる仕事なのだ。

 

すなわち、

仕事終わって資格の勉強、そこには

人との約束事など 存在してないことに着目するのだ。

誰とも約束してないからこそ、自分はサボる、嫌なことを避けるのだ。

 

そこの姿勢をいつまでも変えないからこそ、

何ヶ月か経って、何年か経って

行き詰まって 一人で考えたときに 「うわーん」となり、何も思いつかない、

何をどうしたらいいのか?? ただただパニックになるのだ。

 

もしかして 今のあなたもそうゆう状態に陥ったのではないでしょうか?

だったら、

一人で考えて 根本的に解決しようとする姿勢を捨てるしかないのだ。

 

「新しいことについていけないな~ 昔はよかったな~」

そんなこと考えとっても、外見が老けるだけ、精神的にへこむだけだ。

過去を見切り 新しいことについていこうという気力、気概、信念を持ってほしい。

タイムマシンに乗って過去には帰れない、

昔の自分に帰る必要もないのだ。

 

あなたのニューチャレンジ精神

俺があなたを救えるかどうかは断定できないが、

10代の頃、勉強の「べ」の字も知らなかったクズが 行政書士試験に合格できたコツをあなたは知りたいだろう。

その過程、具体的な中継、その実行項目を知りたいだろう。

であれば ますます持って

これまでのすべてを捨て去り 私からの情報一本に絞る。

それで次回の本番で あなたの勝ちだ。

 

あっちゃこっちゃ いろんなサイトで情報集めて

やっとの思いで あなたは私の記事にたどりついた。

だったら、

「自分は今回絶対合格できる!」

その気になって 私の記事を読んでください。

 

 


勝利の鍵は予測だ。

 

未来を読んで反応すること。それに尽きる。

 

どんなにムゴイ状況の受験生であろうと 私は変えてきた。

なぜなら 他の指導者が持っていない、

法律の資格試験のデータベース(仕組み)を私は持ってるから。

「本試験会場で 自分が何を起こすのか?」

トータルで予測できれば合格できる。

それが私の設計書を使う あなたの目的です。


2013年(平成25年)

私が言った勉強方法を素直に信じてやった人は

多く受かった事実

 

2013年(平成25年)

私が言ってるまんまの本試験の問題の構成になった。

もちろん、よくありがちな


本試験終わった後の「後付け独りよがり解説」ではなく、

本試験日が訪れる事前に

私が提供した情報の中身が

本試験問題のピントと合ってたことを意味してる。

「そこを」あなたも知りたいはずだ。

それがこの教材の中身だ。

 

3年間 教材購入者へ送ってきた「追加データ」の威力

 

この教材を買ってくれた人々には

無料の「追加データ」と呼ばれるシロモノを

本試験前に毎年送ってきた。

2015年は 90テーマ以上の記事、

2014年は 音声データを作って送りました。

(私がしゃべってたことが 2014記述問題で出てた、

当たり前だ、

私が考えてることは 24時間365日、試験官の考えと同化してるからだ)

自分で言うのもイヤラシイが、

「無料で よくここまでやるよな?」って思います。

 

言うまでもないが、私が講座で言ってることは

予備校、塾、その他有名な本では 一切言ってない、書いてないことだ。

この教材は、そうゆう「合格のド急所」の話を記事にまとめたものだ。

 

教材購入者から 合格メッセージをいただきました!

 

寺本さん、おかげさまで2015年度行政書士試験に合格することができました。

合格者体験談、感想と言えるかどうかわかりませんが、自分では合格できた理由は、

1年間を通して短時間ですが1日の中で集中して勉強できたことだと思っております。

それができたのも寺本さんのアドバイスによるところが大きく大変感謝しております。

特に漫画喫茶の個室での勉強が私にはぴったりはまり、勉強する環境を作る大切さに気づくことができました。これは他の資格試験の勉強にも活かすことができるものであり、今更ながらではありますが、ようやく自分の勉強方法を見つけたと感動しております。本当にありがとうございました。

 

2015年合格者 石井       兵庫県


 

寺本先生

お世話になっております。是川と申します。

昨年の本試験前に不合格の可能性を感じ、
ネットで先生の商材を見つけて購入させていただきました。

結局、試験結果は合格していました。合格点ギリギリでしたが…

先生の商材はとても解説は分かりやすく、もっと早く出会いたかったです。

商材に触れたのは2ヶ月という期間でしたが、
次のステップに進むときにも活かしていきたいです。

お忙しい中、お読みいただき有難うございました!

2015年合格者
名前:是川(これかわ)
都道府県:神奈川県


 

寺本様へ

寺本先生のおかげで、2012年行政書士試験に合格する事が出来ました。

合格過程を言いますと

基本的な授業の流れは寺本先生の教材をサブ教材として利用して行うものでした。

私は寺本先生に教えて頂くまで、

知識を押さえ込みひたすら問題を解けばまあ受かるだろうという心づもりでした。

そして、試験に落ち、

自分の試験勉強法が間違っているかもしれないと思っていたところ、

寺本先生に出会いました。

世の中でよく聞く、「効率的に」とか「試験で狙われるところだけ」とか

そんな感じなのかなと思っていましたが

必要な知識を対試験用に磨いていく事ってこうゆう事なのかと

衝撃に似た印象を受けました。

出会った当初のころ、

僕が一度試験に落ちた時の試験会場本番での感情や行動を

ことごとく当てた時も衝撃を受けました。

つまりは衝撃の連続でした。


試験会場本番に備え、

その時不合格になる要素を省いていくという先生の考えに基づき、

日々勉強、対策に取り組みました。
先生の教えは対試験だけでなく、

人生にも通ずるものがあり、精神的にも成長出来たと思っています。

試験だけにとらわれるのでは無く、

色々な面で視野を大きく持てた事も合格の一因になったと思います。

合格に向けて歩みだしたいと考えている人は

ぜひ先生の教材を利用する事をお勧めします。

ありがとうございました。

大阪府 平井様


 

◆ 目から鱗 ◆


独学者の私にとって最大の指標となりました

 

逆 算

行政法 民法 +記述式 これで合格

満点は要らない 合格点の確保

学習のポイントは?

受験勉強が趣味の方はいないはずです。

最小の効率学習で合格したいのは誰しも願うこと。

何をどうするかは万人が承知、

それをどのように意識して実践するか?

これが結果に直結するのではないでしょうか?

このことに気づかせて頂き

まさに

目から鱗

戦略があるから 芯がブレない

 

その他大勢の不合格者の仲間入りを避けたい

貴方にご推奨

平成25年度合格者 長野県 平林盛人


 

寺本様

購入前はテキストの全範囲をやっていましたが、

必要な知識を絞ることで使える知識になるということが分かりました。


自分の中で新しい勉強法が発見できてよかったです。

解説の内容も覚えやすいように

具体的を挙げて説明されていたのでイメージしやすかったです。

教材を購入してよかったと思いました。
2013年に受けた行政書士の試験に186点で合格していました。

その前は何度も落ち続けていたので、とても効果がありました。ありがとうございます。

東京都 野村様


寺本先生が行政書士試験を受けた時の話

 

合格者体験記??

試験の申込日は8月末で、

私は9月1日から11月の第2日曜日まで

1日2時間しか勉強しませんでした。

別に試験をナメてたワケではなく、

朝の10時から17時半までは仕事をしていたから。

結果を先に言いますと 上記の過程で合格しました。

自分は行政書士試験をどんな設計に組み立てたのか?

簡単に言います。

目を付けた部分は

民法と行政法そして一般知識の6問

それ以上 それ以外 何も考えていませんでした。

択一1問は4点 記述は3問 各20点で 記述全60点

そして一般知識で6問以上を要する。

得点源のウェイトはどこですか?

記述の60点ですよね。

私は試験中、合格が確信できました。

記述の3問は全て正確にかけて

一般知識でも6問以上合ってることを確認したからです。

予想外の出来事は?

行政法択一が 激ムズだったことであり

情けない話、その足止めに時間を使ってしまいました。

本番で起こったその残りのすべては予測通りでした。

大変恐縮ですが 一発合格でした。

だが、

私が「エリート戦士」だから 合格したのではない。

私が既に 法律の資格試験合格のデータベース(仕組み)を

持ってたから 当然に合格できたにすぎない。

ということは?

あなたでも使えるということだ。

私から教材を購入し、私の記事を受け入れた あなたの見知らぬ受験生たちが

見事に合格したという結果が物語ってる。

 

おーーーーーーい

まだ話は終わってないで~(笑)

寝たり、画面切ったりしたらアカンで~(笑)

 

 

改め、

みなさん、こんにちわ!

大阪の寺本考志です!

私は 大阪で金もらって受験生を教えてる。

1対1の直接指導講座って名前だ。

全国どこに住んでる方でも参加できるからよろしく。

 

で、

あなたは今

「自分は絶対合格できる!」と思ってますか?

思ってないはずだ。

というより、

「行政書士試験に合格したい!」

その希望、意思すら あやういはずだ。

なぜなら、

行政書士試験合格と あなたがやりたいと考えてることが結びついてないからだ。

 

だが・・

それでいいのだ。

 

私は何がいいたいか?

 

・仕事終わってやることないし、自分が何がしたいかわからなくなってきたから

行政書士試験の勉強をなんとなく始めたとか、

 

・単に、法律家がカッコイイと思ったからとか、

 

・女にモテたい、昔からの友達、地元のツレにイイカッコができると思ったからとか

 

・ウルサイ親を黙らせたいとか、子供に大事なことを教えられる人間になりたいとか

 

そうゆう

「資格を取る動機、きっかけ」が弱くてもいいと 私は断言したい。

 

私が見てきた 「受験生の資格取る動機」の中で多いのが

「就職したい、転職したい、会社クビになりそうだから」

こういう、厳しい現実の中で がんばって勉強してる人ばかりだ。

だから、

私がモノを教えたら、なんでも素直に受け入れようとする心構えが ハナから出来上がってる。

それが正直な話。

しかし、

今、この記事を読んでるあなたは

そうゆう追い込まれた状況ではないかもしれない、

だからって?

「寝る間も惜しんで、不屈の精神で勉強しまくれば!」

と ムリヤリ自分を追い込むことを考える必要もない。

 

何がいいたいか?

 

資格の勉強

そこの楽しみ方を教えてくれる人間が ほとんどいないことが大問題なのだ。

 

本屋の本や 業者の人間の話を聞いてるだけでは

誰も その気にはなれない。

だが、

楽しみ方さえ知れば、

勝手に自分が勉強やってるのだ。

間違いありません。

 

今のあなたに必要なものは ただひとつ。

「自分を試す」という価値を知ることだ。

試すというのは、一人で考えるのを止めることだ。

 

「この行動は悪か? 正義か?」

「勉強が自分に向いてる、向いてない、どっち?」

そんなこと考えはじめたら、

資格の勉強なんか どこをとっても悪に見える、

だったら 勉強を止める理由がいくらでも沸いてくる。

 

違う違う、そうじゃない!

 

「考える前に 先に試す」

これを繰り返すだけ。

そしたらどうなれるかって?

自分の今の年齢とか、

周りから出遅れてる感とか、

会社の仕事のこととか、

将来の自分を考え、嫌な気分になったり、

そうゆうことが、

一時的に忘れられる自分になれるのだ。

 

今、自分に起こってる問題や悩みを真剣に考えてしまえば??

資格の試験勉強なんか、

アホらしくてやってられるはずがないのだ。

これ以上 重要なことは他にない。

 

で、

試す内容、課題や

楽しみ方はどこにあるかって?

私の教材の中と、私の直接指導講座だ。

よかったら、お金出してください。(笑)

 

考えが定まらない、うまくいかない、手につかない、ラチがあかない、ただただ時間だけが過ぎ・・

 

あなたには私のことはまだ見えてないかもしれない、

だが、私は「受験生としてのあなた」のことをよく知ってる。

なぜなら、あなたは昔の俺だからだ。

そこで ベストアドバイスだ。

 

ヤバイと感じるときは?

いっぺん立ち止まって自分を見つめ直すのだ。

 

何を見つめ直すのか?

「今の自分は 居心地の良いヌルイ環境にいるんじゃないか?」

「自分に都合がいいことを言ってないか?」

そこを見つめ直すのだ。

 

ところで話は変わるが

講座で教えてる受験生としゃべってて

「行政書士試験申込みって どこにいけばいいんですか?」

受験生に聞かれた。

答えは 県民府民センターだ。

そこで 思い出したことがあるから聞いてほしい。

 

4.5年前の8月末に 私が試験前に 大阪府民センターに申込書を取りにいったときの話だ。

試験日が11月なのに一回も行政書士の勉強をしてない状態で その申込書を取りにセンターまで取りにいったのだ。

だから?

本試験残り2ヶ月で一回も勉強してない人間として、

申込書を府民センターまで正式に受け取りにいくのが、

とてもうしろめたかったワケですよ。

 

で、

センターに到着して 受付の女性の人に「行政書士の申込書をください」と私が言うと、

 

「間違えたらたいへんなので 2通お渡ししときますね」

 

受付の女性がこう言ってくれたのだ。

その瞬間 私はこう思った。

「なんて親切な人なんだ!」

「もう結婚してもいい!」

超絶マジ本気で思った。

 

その帰り道に考えたことは今でも覚えてる。

「あー、俺、勉強するんやな~」

「試験会場のイスに座って はいよ~いドン、やりにいくんやな~」と。

 

そしてその直後、

本屋によって 行政書士の本を立ち読みして、

その後、喫茶店で勉強しようと思った。

自分がやろうと思ったことを実行できた。

 

何がいいたいか分かりますか?

 

申込書をくれた府民センターの受付の女性が私に

勉強することへの自覚や感動を与えたから、

その日に勉強できたのだ。

受付の女性が アカの他人である私に向かって

ほんの一声、ほんの一声かけてなければ、

私が勉強始める日が1週間遅れてたかもしれない、

だったら? 試験結果もひっくりかえってたかもしれない、

資格試験に受かる受からないなんて こんなしょーもなさそうな出来事ひとつで変わってしまうのだ。

 

そう、

本屋や予備校やネットなど、距離が近いとか、家でできるとかの手段で試験申込をせず、

わざわざ時間や労力がかかる選択を私がしたからこそ、

ステキなサムシングに出会えたのだ。

 

たとえば、

あなたは 会社を辞めるときや、彼女と別れるとき、

電話や目の前で話すことはナシで メールだけで簡単に済ますだろうか?

いや、済ますはずがない。

嫌な展開、めんどくさい展開になることを分かっていながら、

わざわざ 足を使って現場まで向かうはず、

いや、向かうべきなのだ。

 

あなたに見つめ直してほしいことは たった一点。

 

今日びのみなさんは 妙な合理的精神を身につけてる。

「楽に早く」 「インスタントに片付ける」

その合言葉が 全身をおおってるかもしれない点だ。

 

すなわち

結果が出るまで時間がかかることが待てない、

実力的な壁や溝を越えるまで 嫌なことに耐え切れない、どこかしらイライラしてくる、

あなたもすでに巻き込まれてるはず、そんな自分を知ってるはずだ。

知ってるなら、止めるのだ。

止めることに時間と金と労力を使うべきなのだ。

なんで?

試験官は そうゆう甘い考えの人間を100%絶対に受からせない問題設計にしてくるからだ。

(過去問の問題文の長文の多さ加減を見たらわかるはず)

試験官は 真摯に努力と工夫を重ねてきた人間だけを受からせたいのだ。

 

もし、「楽に早く」という合理的精神にあなたが巻き込まれていても心配はいらない。

そのために私がいるのだ。

 

難しいことかもしれないが言わせてほしい。

居心地のいい環境に慣れてしまってはダメだ。

自分にとって都合のいい人間だけで周りを固めてはダメなのだ。

 

なぜなら、

「脱出したい」「勝ちたい」とあなたが本気で思えないからだ。

法律とか、資格とか、言い方はいろいろあるが、

あなたは 未知の世界、新しいカテゴリーに挑戦したいと考えてることは間違いない。

だったら?

毎年試験に落ちてる35000人が選んでる有名なシロモノ、「当たり前の勉強路線」を あなたは選んではダメなのだ。

 

そして

予備校、塾、通信講座、ネットにはびこる合格便利ツールの数々、

あなたは そこらを現在検討中なんですよね?

決して 資格業界やネットに振り回されるな。

「人」を見るのだ。

「誰を知るか?」「誰とやるか?」それだけで結果は決まるのだ。

 

以上。

 



普段やったことがないことを 自分は
本番で絶対できない

 

「現場能力」って知ってますか?

知ってるはずがない、

私が勝手に作った言葉だから(笑)

 

あなたは 普段勉強してる環境について、真剣に考えたことがあるだろうか?

 

ないはずだ、

例えば、

私の直接指導講座は 予備校や塾のような商業ビルの一室でやってない、

喫茶店などで教えてる。

予備校のような部屋を借りようと思えば 1日5000円です、

やっすいもんですよ。

というか、

私の知り合いの会社に「部屋を貸してくれ 」と言えば

無料同然で貸してくれます。

しかし、あえて私はそれをやらない。

 

それはなぜか?

 

あなたは1対複数の講義や、キレーな広い部屋で人の話を黙って聞いた経験はありますか?

私の場合、

ビジネスセミナーで いろんな人の話を100回以上聞いた経験がある、

だが、

広い部屋で静かな環境で 一方的に他人の話を長時間聞くと、

ハッキリ言って眠くなる(笑)

「こちらは声を発せず、相手の話を一方的に2時間3時間・・」

耐えれない(笑)

 

というより、

静かな部屋で他人に囲まれて、他人の話を一方的に聞いてたらオシッコにいきたくなる(笑)

ところがオシッコにいけない、

帰ってきたら、全然違う話をしてるに決まってるから。

何よりも、この形式の弱点は

「時間が経つのが遅い、単なる苦痛・・」

それが私の正直な意見なのだ。


何がいいたいかって?

 


大事なことが自分に身につく環境は

あなたが考えてることと、実際は逆だってことです。

 

たとえば、

本試験を受けた後、

「なんで 僕はこんな簡単なモンをまちがえたのだろう・・」

「100回くらい見た知識やのに、本番でまた間違えた、嫌になるわ・・」

「見たことない問題、何も思いつかない、頭真っ白、まるでホラー映画やパニックルームだった」

なんでこんなことが起こるのか?

第一に、勉強する環境を間違えたからだ。

私は 上記のような体験、現象を克明に説明できる。

 

こうゆう「人の感想」みたいな部分に 

力のない者が合格できる急所が詰まってるのだ。

 

そこの話を ことこまかに描写して 大事なことを教えてくれるのは、

日本で私しかいないはずだ。

 

 

13-12-27-gyousei-title8

この教材買って 何したらいいの?

 

どうなっていったら正解なの?

 

 

 

「1箇所わかれば   10箇所分かる、20箇所分かる」

 

私は受験生にそうゆう合格の本質部分を教えてる。

このスタンス、フォームを身につけるために あなたは私を使うのだ。

例えば

「民法のここを理解して覚えて、次は行政法のここを理解して覚えて

テーマが変われば、科目が変われば

知識を一個ずつ独立して独立して理解と暗記•  •  」

私の記事を読めば

そうゆう単調な作業が点数取れる勉強ではないってことが 嫌というほどわかるだろう。

 

人間の頭はパソコンではない。

「知識をたくさん覚えようと、足し算で頑張った分だけ苦しくなり•  •  」

だからこそ、

たった今のあなたは 私の記事を見てるはずだ。

 

話は代わるが、

私の直接指導講座では

テキストと過去問を目の前に置いて、

「 テキスト見ながらでええから 試験官が何聞いてるか、口で説明して   」

それだけ。

私はそっから1時間以上話せる、

たった1問の過去問で

本試験で10点20点取れる勉強のやり方を指南できるのだ。

 

何が言いたいかって?

試験官が何を聞いてるかを自分が説明できた時点で

その答え、結論は90パーセント以上の確率で合う、点数がもらえるのだ。

なんで?

それが法律、資格試験の仕組みだから。

試験官が要求してる基準・視点より大事なことは 他にはない。

予備校の有名講師がなんていってようが

高額の量産式教材、DVDや問題集になんて書かれてようが

試験官の使ってる日本語に 自分の頭を合わせること、

それだけを毎日考えるのだ。

試験官が言ってる日本語は 僕たち私たちが知ってる日本語と全然違う

 

私の直接指導講座では受験生にしゃべらせて足らない部分を私が助ける・・

だけにとどまらず、

民法、行政法、そうゆう科目を超えて

テキストに書いてる文章を超えて

 

「 試験官はそんなこと言ってないよ!

試験官は 他人の話をしっかり聞かない人間が1番嫌いだから

こうゆうフレーズで 受験生を測りにかけてるんだよ!   法律うんぬんの話じゃないよ!」

 

「ほらっ、今やった知識と、これも同じ話だよ!  」

 

「今やったこれの知識と似てるけど 実は 全然違う話をしてるんだよ!    」

 

そうゆうふうに

たった今から使える話に変えるのが私だ。

身近な話への置き換え、配置換え、

イメージするための材料、

たった今日から誰でもできる作業の話に広げるからこそ、

最強プロに見えてしまう試験官の頭に近づけるのだ。

 

 

そうゆう 実践的な勉強をあなたができるようになるために、

自分で自分を教育させていくための教材が
 
われらが「裏の取れた合格設計書」

 

 

あなたが いったいなんの仕事をしてようが

いったいどんな生活を送ってようが、

予備校に通ってようがなんだろうが

あなたの人生で1番時間が多いのは

一人でいる時間のはずだ。

だったら、

そこを目掛けて 一人で勉強できてると言える、

やってる勉強の中身が 一年に一回しかない本試験で合格できることに通じてると自分が自信を持ててる、

そうゆうふうな方向にいけるよう、

指南してあげることこそが

日本全国共通 受験生の思いに応えることであり、

私の役目なのだ。

 

 

予備校、塾や 私の講座を受けたいと思っても、仕事が夜の9時まであったり、

職場と家が距離的に遠かったり、

体力的に不可能な場合もある、

みんながみんな金払って通えるもんじゃない、

しかし、しかしだ。

自分の一人の時間を変えることはできる。

そこを変えれば 試験合格どころか、

これから先ずっと勝ち続けられることを、

あなたの人生が無限の可能性に満ち溢れてることを知ってほしい。

そこに向かって私があなたに「息吹き」を与えていく、

それが私の作った教材だ。

 

教材の中身を要点だけ言います

 

 

・条文て何? 「原則例外、要件効果」

・法律試験特有の 「比較のノウハウ」

・各知識において、試験で出される限界点、

・普段と本番の差を埋める。

「現場能力」や「本番予測」の身に付け方。

よく聞く話、

「本番で 自分の実力が 100%しっかり出せなかった・・」


「知ってる、分かってる」

にも関わらず、いつまで経っても間違える理由など、他では得られない 現実の動きに対応したノウハウを書いた。

 

・知識設計部は 民法、行政法がメインです。

要は、試験範囲の全科目の知識と問題の説明はやってない。

そんなもんをみなさんに提供しても、

合格の邪魔になるだけ、ありがた迷惑だということを 知り尽くしてるからだ。

が、もちろん、

他の科目について 本番点数の稼ぎ方も、しっかり用意してる。

合格するためのトータル的な知識の組み立て方が大事なのだ。

 

・記述問題で点数取れるための実行項目

・本当の過去問の活かし方

・私が受験した当時の試験問題(H24年度)を使い、他では得られない重要サンプルを見本に

 

 

 

・手持ちの教材をうまく使って活かす。

 

1 参考書(テキスト)

2 過去問

3 私の教材

 

・絶対必要な道具は この3つだけだ。

なんでもいいから 本屋、市販で買った手持ちの2.3千円の参考書(テキスト)を用意してほしい。

どの教材でも、書いてる知識は同じだから。

(同じこと2回読ませても無意味だから

本設計書では あえて削除してる知識がある。)

 

・過去問は市販のものでいい。


・見方(視点)、考え方、勉強中の細かい中継を書いてくれてる  親切な教材なんかほとんどない

大事なことは、

それら教材に書いてる知識を1人で読んでも無意味、

お経や暗号読んでるのと同じだってこと。

 

・「今の俺、or私にもわかるように書かれてるのか?」

私は基本 試験で1回以上ハネられた人を教えることが多いが、

あなたが 法律初学者であろうと、問題ない。

なぜなら、

ド基礎の中のド基礎から順を追って書いてるから。

だが、

現在、勉強の進捗状況は 人それぞれ異なるだろう、

教材の中身のタイトルを見て、

好きなとこ、気になるとこから読み始めてもいい。

どこからはじめてもかまわないが、

まず、言われたことを ひととおり 誠実に実行してみる。

 

以上、

設計書に書いてることを全て書いたワケじゃないが、

大きく分けて上記のことが

試験で合格するのに ちょうどいい適量で 徹底的に書かれてる。


設計書に書いたことは

私自身の7年間の実体験と、

私が他人に教えてきた実践上のデータのメモ、

そして、私の頭で考えたことだけが元になってる。
したがって、「見たことがある」・・はずはない。

すなわち、

世に出てる教材と同じものではない。

「自分が持ってる教材と同じことが書かれてたら嫌だな~」

という心配は無用なので安心してください。


本教材は PDFファイルです!

要は、

金払ったら、あなたの家に冊子が届くのではない。

パソコンから データをダウンロードしてもらい、

スマホ、アイパッドか、パソコンで見てもらう教材だ。

(パソコンは家にないが、スマホは持ってる人なら見れます。

その場合は 手順を教えるんで従ってください。)

 

なんで、冊子ではなく、PDFデータなのか?

簡単です。


私の教材の記事の中身は

画像や、青文字、赤文字、黄色とかのカラーを使ってる。
それを冊子販売したら、カラーコピーしなければいけない、

経費がかかって、教材の値段が高くなるからだ。

白黒より、カラーの方がいいですよね?(笑)

ご了承ください。

 

なぜこの教材が伝説教材と言われるのか?

 

それは

私の記事を読んだ人は

実話と理想論の違いを判別できるようになるからだ。

あなたが困ってるのは 決してあなたの能力が足りないからじゃない、

受験生ってのは 業者が売ってる教材と講座しか知らない、

すなわち、

理想論で埋め尽くされた教材しか読んだことがない、

業者の人間の「うわべトーク」しか聞いたことがない、

だから進化できずに自信が持てなかっただけだ。

 

人間てのはね、

実話しか理解できない、使おうとは思わないのだ。

 

これまでの実生活を思い出すのだ、

実話を言ってくれる人しか 何も心に残ってないんじゃないですか?

 

2016年には聞きなれない言葉を並べるが、

「人間 足元からやぞ」

「人間の血をなめるなよ」

「心が年取ったらそこまで」

そうゆうふうに他人から教えてもらったことを

10年以上経っても私は覚えてる、

覚えてるということは、

今も私が 生活のどこかで使ってるということ。

つまり、

私が困って 人の意見を聞くたびたびに

経験ベースから学んだことだけで

私の心を本気で救おうとしてくれた人たちが、

自分の過去にいたことを今でも信じてるからだ。

 

逆に、

単なる説教やなぐさめや理想論しか口にできなかった人間は

ただの一人も覚えてない。

 

すなわち、

利害を超えた領域まで踏み込める人間しか

しょせん他人を救うことなどできないことを

私が知り尽くしてるということだ。

 

の化身が私の教材と講座だ。

私の記事を読めば、

実話と理想論の違いを 嫌というほど思い知るだろう、

そして あなたの素直な感情に気づける、

その素直な感情を大事にしたいと思える、

素直な感情を持ち続けて生きたいと努力したくなる、

だからこそ 勝負事で勝てる自分が育つのだ。

 

教材買った後 寺本先生からのメールは命綱

 

購入したら分かると思いますが

私から一括送信でメールがあなたのメールアドレスに届きます。

メールが届くのは不定期です。

だが、

私に教えるあなたのメールアドレスは 命綱です。

それを忘れないでいただきたい。

 

誤解されたら困るんでハッキリ言っておきます。

そこらへんの業者の講師は
受験生の前でしゃべるだけでいい、
受験生の実力が上がらなくても
話についていけない受験生が講義に途中から来なくなっても
会社から金がもらえる立場だ。

しかし、

私はそんなエライ身分ではない。

だからこそ

受験生が私のことを覚えてくれるには

受験生がこれから先も私を必要としてくれるには

まずはあなたを この試験に勝たせるしかないのだ。

 

私を信じてくれた人に手柄を立てさせるしか

私の存在価値はない、

そう信じて今日までやってきた。

つまり、

必要以上のことを受験生にやってきた人間が私です。

必要以上のことをやってきたからこそ

不合格の運命にある人間を合格にひっくり返すことができる。

 

その、必要以上のことが始まるのはメールアドレスがあるからです。

これまで何年もやってきて

たくさんの資格受験生から たくさんのメッセージをいただきました。

だからこそ

私を信じてくれた多くの受験生を勝たせるために

私から多くの方にメッセージを送り続けてるんです。

 

・教材に金出してくれたから

・感謝の気持ちで おまけ感覚で

そうゆう「うわっつら」でメッセージを送ってるんではない。

試験合格させるため、

いや、

試験が終わっても、これから先ずっと勝ち続けてもらうためにメールを送ってるのだ。

必ず読み続けてください。

 

 

最後です。「あなたは意地を張れるか?」


「今さら勉強してもな・・資格じゃなくても他にもっとステキなサムシングがあるのでは・・」

「がんばっても合格するかどうか、分からんしな・・」

今のあなたは そうゆう声と毎日戦ってるはずだ。

今日最後のアドバイスです。

 

あなたの嫁や子供や親、地元のツレや親友、会社の同僚に

「自分は行政書士試験の勉強してる、合格したい」

言ってますか?

たとえば、

あなたが結婚して家族がいるなら、嫁さんとじっくり話し合いましたか?

受験生活ってゆうのはね、

周りの人間と気まずくなるものだ。

気まずくならない理由がない。

何度も言うが、

「誰とやるか?」それで決まる。

それは、

「教えてもらう人」だけを指すのではなく、

今のあなたの人間関係も指してる。

あなたが勉強すること、合格したいことをしっかり目の前で 口で説明するのだ。

変なわだかまりを抱えたままでは、勝負事では勝てないからだ。

 

で、

勉強する、合格したいって意向を伝えて、賛成してくれたらいいんだが、

「非難 イチャモンの類」の声をいただける場合もあるだろう。

 

「確率薄いんやろ? しんどいことはやめとけば?」

「冗談やめろよ あんたにはムリや」

「なんで法律なん? 何がしたいん?」

 

田舎、地方に住んでる人であれば

街一番の悪人に仕立て上げられてもオカシクはない。

新しいことに挑戦しようとすれば、必ず咎められる習慣が田舎、地方にはあるからだ。

 

だが・・

それでかまわない。

「非難 イチャモンの類」の声しか あなたに発さない人間はオール無視だ。

 

大事なことは

意地を張れるかどうかだ。

自分が一度決めたことに対して

人の正論、反論にいちいち反応してしまう・・

まして 納得したり、キレてしまえば、

心の病がつきまとうのだ。

だったら、

新しいことに対して ストレートに考えられない、

いちいちネガティブ発言が多くなって「新しいことに動けない人間」になってしまう、暗い人間になり下がるだけだ。

 

私のことを知ったあなたは そうゆう方向にいってはダメだ。

そのために 意地を張るのだ。

「勝った負けた」に捉われず、「受かった後どうこう」に期待するんではなく、

今のあなたが、思い切ったことをヤレることが重要なのだ。

そこを超えるために 私を使えばいいのだ。

 

話は以上です

 

教材の価格は 18000円です。

私の教材を買って 自分を試す。

信じて続ければ

意味のある悩みを的確に消していき、試験の仕組み、試験官の頭に近づける。

そしてやっと 自信というものを持てる。

私の願いはそれだけです。

もし、

私に聞いてもらいたいことがあったら いつでもメールフォームからどうぞ。

 

今日はどうもありがとうございました。

13-12-26-oreno-namae2

 

16-3-12g-pakke

15-8-28kyouzai-kounyuu

15-8-28-shitumon

 

 

 

必ず下記をお読みください! )^o^(


本商品の構成

本商品は 文章と画像を使ったPDFファイル(全359ページ)

音声や動画は付いておりません。(紙媒体でお渡しは不可)パソコンか、スマホ携帯、iphone,ipadで見れます。PDFファイルを見るには?アクロバットリーダー(無料でダウンロード可能)さえインストールすれば可能。(どなたでも簡単にできます。)
※注意
購入後、一番最初にファイルをダウンロードされる場合、必ず パソコンからファイルを取得してください。アイフォンをお持ちの場合、サファリ、clipbox等では ファイルを取得することが難しいです。いったん、パソコンで データを取得すればもう、どんなやり方したって、あなたのスマホで データが見れますんで安心してください。
「おすすめのデータ閲覧方法の設定手順」の紹介パソコンから 本教材のデータを取得した後、パソコンからドロップボックスというアプリをグーグル検索から取得し、(無料)そのアプリの中に 本教材のデータをドラッグする。次にお持ちのスマホ、アイフォンから ドロップボックスのアプリを再度取得する。すると、
パソコンの電源が切れてあっても
ドロップボックスの中のデータをスマホ、アイフォンから いつでも見ることが可能です。(ドロップボックスは パソコンとスマホのデータを同期してくれる)ドロップボックスという無料アプリはとても快適に 本教材のデータを閲覧することができます。・参考書や A4プリント等の紙ですと、「持ち運びが重い」「カバンに入らない」「勉強してるとこを他人に見られたくない」等のストレスがありますがPDFデータは スマホ、iphone,ipadでご覧になれますので外出中、喫茶店、寝る前等、勉強作業に便利です!スマホやipad等をお持ちでない方は申し訳ありませんが パソコン画面の方でご覧になってください。本商品のPDFファイルは、
文章にロックを『かけていません。』
文章を好きなようにカスタマイズして勉強していただくためです。
ただし、
目的を問わず、転売、再販、オークションへの出品、ネット上への散布、ネットでちょっと知り合った人へ渡す等は一切禁止ですので絶対にルールを守ってください。

商品引渡し方法

送料は発生しません。
入金確認後、ファイルをダウンロードしていただくサイトのURLとパスワードをお渡ししますので、スマホか、パソコンのメルアドをお教えください。もちろん、PDFの中身が見れるまでの手順も簡単であり、取れるまでの手順もメールに載せてありますのでご安心ください。

料金支払い方法
クレジットカード決済銀行振込み

コンビニ払い

bitcash

16-3-12g-pakke

15-8-28kyouzai-kounyuu

15-8-28-shitumon

下記のページも購入判断の参考にしてください!

 


寺本考志による直接指導講座を受けたい人へ 2016大阪

 


全国、どこに住んでる方でも 申込可能!

興味がある方は下のリンクを押してください!)^o^(

 

→→ 寺本考志が直接教えてくれる指導講座 2016大阪


・特定商取引法に関する表示

 

 

 

2016/6/28 寺本考志によるオンラインネット講座 [うれしい全国対応]

 

7月から始める、

試験前まで毎日やる講座。

参加したかったら まずは私のメルマガに登録してください。

 

[要点]

・毎日 全科目の知識解説メールが あなたの携帯に届く

(民法、行政法、会社法、憲法、一般知識 コトバの意味や 条文の意味、使い方等を徹底的に解説)

 

・有料会員専用サイトに毎日毎日 新記事、新解説を載せていくから

24時間 スマホで勉強できる。

(仕事で疲れて家に帰ってきても 安心やで)

 

・解説してほしい知識、問題につき 質問、要望が言える

どんなにバカな人でも 簡単に質問できるようなやり方してるから心配はいらない。

↑ こんな親切なサービス、業者に金払ってもやってくれないですよ。)

 

・「添削」

指定された問題をあなたが解答して 私が答える。(会員一人ひとりに対して全員へ

記述対策も含めてるってこと。

 

・私が教えてきた受験生が全員使ってるテキストを 本屋で買ってください。

 

以上

これ以上の講座は、他の業者にはないからよろしく(^O^)

 

寺本考志のメルマガに登録すれば・・

 

今なら無料で 有料会員サイトの記事が見れる。

出し惜しみなしに 全部言ってる記事が無料でみれる。

いますぐ あなたのメールアドレスを登録してください!(^O^)

 

→ 寺本考志のメルマガ登録ページへ行く!!

 

16-6-18gyousei-merumaga-baba

PAGETOP